ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
619日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

フラッシュ

県高校体育連盟会長に就任した村上敏之さん(松山東高校長)スポーツ通じ人は成長

2018年4月21日(土)(愛媛新聞)

村上敏之(むらかみ・としゆき)さん

村上敏之(むらかみ・としゆき)さん

 中学時代は軟式野球、早大ではソフトボールに情熱を傾けた経験から、教員としても野球部の指導を長く務めた。「フェアプレーの精神を大事に、スポーツでの経験を生かし社会貢献できる人になってほしい」と願う。

 校長として3年間勤務した新居浜南高は重量挙げが盛んで、体育館を会場に全国大会を開催。「苦労もあったが、それ以上に生徒の成長はすばらしかった」と振り返る。おとなしかった生徒が壮行会で堂々と決意表明する姿を見て、スポーツを通じ人間的に成長できることを実感した。

 愛媛国体から約半年。「今年は指導者も選手も勢いがついている」と、競技力や指導力の維持向上に意欲を示す。一方、学校での体罰やセクハラ問題の背景の一つには、指導者の働き過ぎがあると指摘し「指導者が疲れきらないように支えたい」と語る。

 自身も以前は休日のほとんどを部活動の指導に費やした。その経験から「生徒がのびのび楽しめるように」指導者も生徒も積極的な休養取得の重要性を強調する。

 6年ほど前に始めた短歌は本紙文化面の投稿コーナー「愛媛歌壇」にたびたび掲載される腕前。クラシック音楽は約40年間愛好し「松山に来たので、これからコンサートに行きやすくなるかと楽しみ」とほほ笑んだ。埼玉県出身、59歳。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。