ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
326日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県高体連

新会長に村上敏氏 通信制2校の加盟も承認

2018年4月21日(土)(愛媛新聞)

 

 県高校体育連盟は20日、松山市のにぎたつ会館で評議員会を開き、2018年度の役員や大会日程を承認した。

 新会長に松山東の村上敏之校長、新副会長に新居浜東の川田哲也校長と松山城南の河野大助校長がそれぞれ就任。新事務局長に松山北の瀬良耕二氏が就任した。専門委員長はバドミントン、ハンドボール、柔道の3競技で改選された。

 広域通信制の未来高校(松山市)と未来高校新居浜分校からの申請を受け、18年度からの両校の高体連への加盟を承認した。

 ラグビーで野村、八幡浜、吉田、新居浜東、西条、松山商の6校は部員不足の場合、全国高校総体につながらない大会に限り、合同チームでの大会参加を認めた。

 

 役員、新専門委員長と競技日程は次の通り。

 【役員】会長 ○村上敏之(松山東)▽副会長 ○川田哲也(新居浜東)○河野大助(松山城南)野村和弘(宇和島東)▽監事 山本公治(新居浜南)山下博司(小田)菊地英明(三間)▽理事長 川中慶明(松山北)▽事務局長 ○瀬良耕二(松山北)▽常任理事 ○白方順(新居浜東)土屋誠(済美)加洲成人(宇和島東)▽東予支部理事 外山拓臣(西条農)兵頭龍哉(今治西)村上仁志(三島)佐伯昌彦(今治精華)▽中予支部理事 阿武芙美子(北条)石山香代(松山東)山本光生(松山西)田中英樹(松山南)大上裕之(松山南定)竹村曜子(松山中央)○遠藤大輔(松山工)山本耕一(松山商)○秋川哲一(東温)田中悟(伊予)河野敬晃(愛光)▽南予支部理事 宇都宮武文(八幡浜)本倉保(宇和島南)元野好美(吉田)鷲見英治(内子)=○印は新任

 【新専門委員長】バドミントン 奥田真司(新居浜西)▽ハンドボール 田鍋由朗(松山北)▽柔道 米沢太器(松山西)

 【日程】県総体抽選会(5月11日・にぎたつ会館)▽県総体(6月1~4、9日・松山市ほか)▽県総体水泳(6月16、17日・松山市)▽四国選手権(県内開催は体操・新体操=6月16、17日・県総合運動公園ほか、柔道=同・県武道館、ボート=同・今治市玉川町、自転車=6月9、10日・瀬戸風バンク、ホッケー=6月16、17日・松前町ホッケー公園、空手=同・伊予三島運動公園、水泳=7月14、15日・アクアパレットまつやま)▽全国高校総体結団式(7月23日・松山北高)▽県定通制総体(9月2日・県総合運動公園ほか)

 

【新専門委員長の抱負】

【柔道 米沢太器さん(43)=松山西 国体後の強化面は良好】

 愛媛国体以降は全国大会などで好成績を残し、今後も上位を狙える選手が育っており、強化面でいい状態が続いている。

 一方で、競技人口は減少が進み、県内全域の小中高すべての年代で増やす取り組みが必要だ。全国での成果を積極的にアピールしたり、合同練習を実施したりして競技の魅力を高めていきたい。

 

【ハンドボール 田鍋由朗さん(44)=松山北 小中校と連携深める】

 国体効果などで競技レベルは徐々に上がっているが、全国上位に食い込むにはまだ底上げが必要。愛媛を主会場に数年後開かれる四国インターハイでの活躍が当面の目標だ。

 高校のチーム数は多いが、中学校では少ないままだ。小中と高校世代の連携を深めるほか、競技のイメージアップにも努め、プレー人口を広げたい。

 

【バドミントン 奥田真司さん(39)=新居浜西 運営や競技力高める】

 バドミントン部の顧問だった父の影響で、高校から競技を始めた。指導歴は8年目。部員同士や地域の人など競技を通してつながった人間関係を大切にするよう伝えている。

 愛媛国体を機に、全国大会の運営や競技力向上の面で力をつけた教員は多い。顧問の先生方と力を合わせ、培ったノウハウを各校で高めていきたい。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。