ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1213日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

5月中旬文化面に

若者向け俳句投稿コーナー「青嵐俳談」新設へ

2018年4月13日(金)(愛媛新聞)

神野紗希さん

神野紗希さん

森川大和さん

森川大和さん

神野紗希さん

神野紗希さん

森川大和さん

森川大和さん

 愛媛新聞社は5月中旬、若者向け俳句投稿コーナー「青嵐(せいらん)俳談」を新設します。毎週金曜、文化面に掲載します。

 選者はいずれも「俳句甲子園」出身で、30代の若手俳人として活躍中の神野紗希さん、森川大和さんに隔週交代で務めていただきます。お二人による選句と選評に加え、季節にちなんだ話題やワンポイントアドバイスなどもご紹介します。

 はがきに加え、ホームページからも受け付けます。ふるってご投稿ください。

 

<選者>

 【神野紗希(こうの・さき)】1983年、松山市生まれ。松山東高時代、第4回俳句甲子園で団体優勝、「カンバスの余白八月十五日」が最優秀句に。2002年、第1回芝不器男俳句新人賞坪内稔典奨励賞。句集に「星の地図」など。現代俳句協会青年部長。

 【森川大和(もりかわ・やまと)】1982年、神戸市生まれ。愛光高在学中に夏井いつきさんに師事。第2回俳句甲子園団体優勝、「朝顔の種や地下鉄乗り換えぬ」が最優秀句に。句集に「ヤマト19」など。松山東高文芸俳句部顧問、県高文連文芸部門専門副部長。

 

【応募要項】

 <対象>

 高校生(15歳以上)~30代(39歳以下)

 

 <投句方法>

 ①郵送 はがきに作品(3句まで)、氏名、俳号・ペンネーム(希望者のみ)、年齢、学校名(学生のみ。記載を希望しない場合は無記載可)、住所、電話番号を明記し、郵便番号790―8511、愛媛新聞社生活文化部「青嵐俳談」係へ

 ②ホームページ 「愛媛新聞ONLINE」トップページにあるバナー「青嵐俳談」から投稿フォームに移動し、必要事項を記入してください。スマートフォンは左記のQRコードからもアクセスできます

 未発表の自作句に限ります。二重投稿不可

 

【お問い合わせ】

愛媛新聞社 生活文化部「青嵐俳談」係=電話089(935)2233

「青嵐俳談」概要はこちら

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。