ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛県総合運動公園コート

ITF公認テニス7日開幕、片山(伊予銀)ら出場

2018年4月5日(木)(愛媛新聞)

 国際テニス連盟(ITF)公認の男子大会「ITF ユニ・チャームトロフィー 愛媛国際オープン」が7~15日、愛媛県松山市の県総合運動公園コートで開かれる。愛媛からは愛媛国体成年男子優勝の片山翔、佐野紘一をはじめとする伊予銀行勢や大学生や高校生などが出場する。

 世界ツアーの上位大会出場を目指し、若手選手が世界ランキングのポイントを積み重ねる「フューチャーズ大会」として開催。2018年に国内で開催予定の男子9大会の一つで、西日本では愛媛が唯一の開催となる。賞金総額は2万5千ドル。

 7日から3日間は予選で、10日からシングルス32人、ダブルス16組の本戦が始まる。

 シングルス日本ランキング24位(3月27日時点)の片山は高速で正確なストロークを武器に上位を目指す。佐野はプロにも見劣りしないサーブの切れが持ち味。パワフルなプレーが得意な飯野翔太(伊予銀行)は中島啓(同)とのダブルスにも期待がかかる。愛媛銀行の宮岡良丞も出場する。

 大会推薦選手として愛媛国体少年男子メンバーの本田柊哉(新田高)と中村元(同)、平田龍一(松山大)ら若手も出場。世界の舞台で経験を積みたい。

 14、15の両日は、プロ選手が指導するテニス教室を開催。15日のイベントでは女子テニス元世界ランキング4位の伊達公子さんがキッズとジュニア選手に指導する。

 イベントへの参加は事前申し込みが必要。問い合わせは県テニス協会=電話089(947)7040。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。