ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西条武丈公園ほか

桜だより・花見スポット<東予>

2018年3月22日(木)(愛媛新聞)

河川敷に咲き誇るシダレザクラ=2017年4月5日、西条市福武の武丈公園

河川敷に咲き誇るシダレザクラ=2017年4月5日、西条市福武の武丈公園

 ソメイヨシノの開花が今年は平年に比べ5、6日早いようです。16日に宇和島市が、19日には松山地方気象台が松山市で開花を宣言しました。各地のつぼみもほころんできたのではないでしょうか。さあ、本格的なサクラのシーズン。東予の主な花見スポットを紹介します。

 

【東予 河川敷などに100種1500本 西条武丈公園】

 ◎城山公園、向山公園、三島公園、すすきケ原入野公園(四国中央市) 川之江城がある城山公園でソメイヨシノなど約900本、向山公園と三島公園で各500本。4月8日が3公園の「桜まつり」で、お茶席や餅投げなどがある。すすきケ原では約210本が咲き、3月23日~4月15日午後6~10時にライトアップ。城山、三島は市観光交通課=電話0896(28)6187。向山は上分公民館=電話0896(28)6248。すすきケ原は土居観光協会=電話0896(74)8825。

 【メモ】城山はJR川之江駅から徒歩約10分。向山は松山自動車道・三島川之江インターチェンジ(IC)から車で約10分。三島はJR伊予三島駅から徒歩約20分、桜まつり当日は市役所本庁からシャトルバスが30分間隔で運行。すすきケ原はJR伊予土居駅から徒歩約20分。

 

 ◎旧広瀬氏庭園(新居浜市) 国指定の名勝となって初めての春を迎える。1885~1927年にかけて建造された近代庭園に、ソメイヨシノ約120本が咲き誇る。池周辺や国の重要文化財・旧広瀬邸の北側にある「桜園」は、3月下旬~4月上旬が見頃。園内は火気厳禁。駐車場約60台。広瀬歴史記念館=電話0897(40)6333。

 【メモ】JR新居浜駅から車で約10分。松山自動車道・いよ西条IC、新居浜ICから車で各約20分。

 

 ◎滝の宮公園(新居浜市) 桜の名所として再生する計画が持ち上がった園内の大池や展望台の周辺に、ソメイヨシノ、陽光、ヤマザクラなど計約1500本が咲く。見頃の3月下旬~4月中旬は、日没後からライトアップする予定。池西側の桜をちょうちん約300個で照らす。駐車場は約100台。市都市計画課=電話0897(65)1270。

 【メモ】JR新居浜駅から車で約3分。松山自動車道・いよ西条IC、新居浜ICから車で各約15分。

 

 ◎武丈公園(西条市) 加茂川堤防沿いにソメイヨシノの並木があり、背後の八堂山と合わせ、ヤエザクラやカンザクラなど約100種類の計約1500本が楽しめる。例年は4月上旬が見頃で、今年は少し早まりそう。シーズン中は露店が軒を連ね、午後6~9時にはぼんぼりに灯がともる。市観光物産協会=電話0897(56)2605。

 【メモ】JR伊予西条駅から徒歩約20分。松山自動車道・いよ西条ICから車で約10分。加茂川河川敷に無料駐車場。

 

 ◎ひょうたん池(西条市) 石田の池の周囲にソメイヨシノ約80本。開花は例年3月末ごろからで、見頃は4月上旬となりそう。地元住民で組織する瓢簞(ひょうたん)池桜保存会が3月末から約2週間、午後6~9時ごろにぼんぼりをともす。地元の主婦らでつくる「石田桜会」の名物おでんの販売は31日~4月7日午前11時半~午後6時。保存会の相原一義会長=電話0898(64)3667。

 【メモ】JR壬生川駅から車で約10分。今治小松自動車道・東予丹原ICから車で約5分。池近くに無料駐車場あり。

 

 ◎市民の森公園、鹿ノ子池公園、今治城吹揚公園、桜井総合公園(今治市) 市民の森公園ではサトザクラ約100本、ソメイヨシノ約400本が咲く。鹿ノ子池公園にはソメイヨシノ約300本とシダレザクラ約50本、吹揚公園にはソメイヨシノが約110本あり、両公園とも3月下旬~4月中旬の日没から午後10時ごろまでぼんぼりをともす。桜井総合公園にはソメイヨシノが約200本。いずれも見頃は3月下旬~4月上旬。市公園緑地課=電話0898(36)1563。

 【メモ】市民の森公園は瀬戸内しまなみ海道・今治IC近く。鹿ノ子池公園はJR今治駅から車で約18分、吹揚公園は約8分。桜井総合公園は今治小松自動車道・今治湯ノ浦ICから車で約4分。

 

 ◎玉川ダム、鈍川渓谷(今治市) ダム湖周辺にはソメイヨシノなど約500本が立ち並び、3月下旬~4月中旬の午後6~10時にちょうちんを点灯。渓谷ではソメイヨシノ約50本が木地川沿いを薄桃色に染める。見頃はともに4月上中旬。市玉川支所産業建設課=電話0898(55)2211。

 【メモ】いずれもJR今治駅から車で約25分。玉川ダムではダム公園と玉川湖畔の里などに無料駐車場計約100台。

 

 ◎藤山健康文化公園(今治市) ソメイヨシノ、ヤマザクラなど計約250本が4月上中旬に見頃。園内には国指定史跡の妙見山古墳やれんが造りの水道橋もある。藤山歴史資料館=電話0898(53)2313。

 【メモ】JR今治駅から車で約20分、大西駅から徒歩約10分。無料駐車場188台。

 

 ◎能島(今治市) 村上海賊の根拠地として知られる宮窪町沖の国史跡・能島城跡にソメイヨシノ約130本が植えられている。恒例の花見は4月14、15日に開かれ、宮窪港と現地をつなぐ臨時渡船が午前9時~午後4時半、随時運航される。15日午前11時からは能島水軍太鼓が披露される。市宮窪支所=電話0897(86)2500。

 【メモ】瀬戸内しまなみ海道・大島南ICから宮窪港まで車で約10分、大島北ICからは約3分。渡船運賃は往復500円(子ども250円)。

 

 ◎開山公園(今治市) 千本以上の桜や伯方島から望む瀬戸内しまなみ海道の橋や島々を堪能できる。4月1~20日には夜間ライトアップがある。混雑解消のため4月1、7、8日に伯方島IC近くの市伯方総合開発センター駐車場からシャトルバスを運行。14、15日は状況に応じて運行予定。市伯方支所=電話0897(72)1500。

 【メモ】瀬戸内しまなみ海道・伯方島ICから車で約10分。

 

 ◎多々羅しまなみ公園(今治市) 多々羅大橋のたもとで陽光やヒマラヤザクラ、ソメイヨシノなどを楽しめる。近くにはインフォメーションセンターやレストラン、特産品センターがある。市上浦支所=電話0897(87)3000。

 【メモ】瀬戸内しまなみ海道・大三島ICからすぐ。

 

 ◎積善山(上島町) 岩城島の「三千本桜」として知られ、山頂からの眺めは抜群。夜間ライトアップされる「さくら祭り」は4月1~15日。8日は特設ステージで和太鼓や地元音楽グループの演奏のほか、各種団体によるバザーなどがある。8日のみステージのある会場から頂上までの道路は車両通行止めで無料バスを運行、島内3港から会場までのシャトルバスもある。町岩城総合支所=電話0897(75)2500。

 【メモ】今治港から岩城港まで快速船で約50分。車では瀬戸内しまなみ海道・生口島ICで降り、洲江港(広島県尾道市)から岩城島の小漕港まで定期フェリーがある。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。