ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
818日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

13億9832万円、本会議へ

愛媛県議会委員会、獣医学部補助金可決

2018年3月13日(火)(愛媛新聞)

 

 12日の県議会総務企画国体委員会で、学校法人加計学園(岡山市)が今治市で4月に開学する獣医学部の開設事業補助に関し、市への財政支援13億9832万円を盛り込んだ2月補正予算案が全会一致で可決された。2月定例会最終日の19日の本会議で可決される見通し。

 三宅浩正氏(自民)は市民団体などが高額と指摘している施設の坪単価をただした。理事者は吹き抜けの大空間のホールや獣医学に必要な特殊設備があり「単純に床面積に対する工事費で比較するのは適切ではない」とし、「中予家畜保健衛生所や家畜病性鑑定所など県有施設と比較しても(坪単価が)過大でないことを確認した」と述べた。

 逢坂節子氏(社民)は事業者決定の経緯などに関し情報開示が不十分と指摘。「公費で支援するなら県民が納得する説明責任を果たしてほしい」と求め、市に対し予定する計約31億円の支出の妥当性を問うた。理事者は獣医学部と同様に国家戦略特区を活用した千葉県と成田市の例を参考にしたと説明した。

 ほかの委員は獣医学部の必要性を指摘したほか、開学後の現地視察を要望するなどした。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。