ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
920日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

リズム感キレキレ捕球

東温・野球少年ら舞台俳優と練習 

2018年3月2日(金)(愛媛新聞)

ダンスを通し、重心の置き方やリズム感を学んだ児童ら

ダンスを通し、重心の置き方やリズム感を学んだ児童ら

 野球やソフトボールをしている小学生が普段と違う視点でトレーニングするワークショップが2月28日、東温市見奈良のクールスモールであり、同市や松山市の約20人が舞台俳優の考えた練習を実践した。

 東温市が進めるアートを生かしたまちづくり「アートヴィレッジとうおん構想」の一環で市移住定住促進協議会が主催。坊っちゃん劇場の舞台俳優近藤誠二さん(45)が講師を務めた。

 子どもたちは、音楽に合わせてリズムを取りながら、捕球から送球への一連の動きを意識したダンスを練習。近藤さんによると重心を低くし、リズム感を意識した踊りは野球の動作と共通するところがあるといい、最初は恥ずかしそうにしていた児童も繰り返すうちにキレのある動きを見せるようになった。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。