ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1214日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

医療課題、連携し対応

愛媛大病院・済生会西条病院 職員相互派遣などで協定

2018年2月27日(火)(愛媛新聞)

相互連携協定を交わす済生会西条病院の岡田眞一院長(左)と愛媛大医学部附属病院の三浦裕正病院長=26日午後、東温市志津川

相互連携協定を交わす済生会西条病院の岡田眞一院長(左)と愛媛大医学部附属病院の三浦裕正病院長=26日午後、東温市志津川

 愛媛大医学部附属病院(東温市志津川)と済生会西条病院(西条市朔日市)は26日、職員の相互派遣などに関する協定を結んだ。両病院の機能を効果的に発揮し、地域の医療課題に柔軟に対応するほか、研修などを積極的に行い実践力のある職員の育成を図る。

 愛媛大医学部であった調印式で、附属病院の三浦裕正病院長が「互いの強みを生かし医療水準を高め、地域医療に貢献していく」とあいさつ。済生会西条病院の岡田眞一院長は「多様化する患者のニーズに対応するには日々の研修が必要で、スムーズにできる協定はありがたい」と述べた。

 同学部附属病院は県内5病院と同様の協定を結んでいる。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    E4主要ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。