ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛チャンピオンボウル

松山中央10年ぶりV ベテラン結束、逆転呼ぶ

2018年2月26日(月)(愛媛新聞)

10年ぶりに団体優勝した松山中央ボウルのメンバー(前列左から市川、牟田、門間、後列左から高木、柴田)=保内ボウル

10年ぶりに団体優勝した松山中央ボウルのメンバー(前列左から市川、牟田、門間、後列左から高木、柴田)=保内ボウル

個人総合で初優勝した虎尾貴之(イヨテツ)=保内ボウル

個人総合で初優勝した虎尾貴之(イヨテツ)=保内ボウル

大下耕平

大下耕平

越智真南

越智真南

 ボウリングの第36回愛媛新聞社杯争奪愛媛チャンピオンボウル(愛媛新聞社主催、県ボウリング場協会協賛)は25日、八幡浜市の保内ボウルで行われた。県内7センターの代表79人が団体、個人総合、男子個人、女子個人の4部門で争い、松山中央ボウルが10年ぶり3度目の頂点に立った。

 個人総合は虎尾貴之(イヨテツ)が初優勝。男子個人は大下耕平(桑名)が2度目、女子個人は越智真南(桑名)が初の栄冠をつかんだ。

 「来年も優勝を狙いたい」と柴田。連覇を目指し、結束力を高めることを誓った。

 

【愛媛チャンピオンボウル・個人総合 虎尾(イヨテツ)初栄冠「全国で勝てる選手に」】

 満面の笑みで表彰台にあがった虎尾貴之(イヨテツ)。念願の初優勝を果たし「最後まで安定して投げられたことが勝因」と高々トロフィーを掲げた。

 「これまでのタイトルはペアを組んだ先輩などに引っ張ってもらっている。この個人優勝を励みにして全国で勝てる選手になる」。まだまだ伸びしろのある26歳。浮上のきっかけになりそうだ。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。