ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
624日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

平昌冬季五輪8位入賞

郷亜里砂選手の健闘たたえ懸垂幕

2018年2月20日(火)(愛媛新聞)

郷亜里砂選手の健闘をたたえる懸垂幕=20日午後、県庁

郷亜里砂選手の健闘をたたえる懸垂幕=20日午後、県庁

 平昌冬季五輪スピードスケート女子500メートルで8位入賞を果たした郷亜里砂選手(30)=県競技力向上対策本部、イヨテツスピードクラブ=を祝おうと、県は20日、県庁本館の正面玄関に懸垂幕を掲げた。

 北海道出身の郷選手は2014年に愛媛国体の強化選手として県スポーツ専門員に任命された。

 懸垂幕は縦7メートル、横1メートルで「8位入賞おめでとう」と記されている。

 県国体競技力向上対策課の川田哲也課長は「よく頑張ったという県民の声を代表して掲示した。多くの県民がスポーツの良さを感じる機会になった」と話した。3月16日まで掲示する予定。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。