ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
624日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

3月18日まで

鬼の像、愛媛・鬼北に集合!作品展に52点

2018年2月16日(金)(愛媛新聞)

さまざまな鬼が並ぶ展覧会

さまざまな鬼が並ぶ展覧会

最優秀に輝いた田村さんの作品「雷を呼び、雨を呼び鬼北町に、日本に、豊作を呼ぶ鬼」

最優秀に輝いた田村さんの作品「雷を呼び、雨を呼び鬼北町に、日本に、豊作を呼ぶ鬼」

さまざまな鬼が並ぶ展覧会

さまざまな鬼が並ぶ展覧会

最優秀に輝いた田村さんの作品「雷を呼び、雨を呼び鬼北町に、日本に、豊作を呼ぶ鬼」

最優秀に輝いた田村さんの作品「雷を呼び、雨を呼び鬼北町に、日本に、豊作を呼ぶ鬼」

 多種多様の鬼、一挙降臨―。鬼をテーマにした立体作品を県内外から募った「第3回鬼の造形大賞」作品展が愛媛県鬼北町下鍵山の町歴史民俗資料館で開かれている。3月18日まで。

 同大賞は町が進める「鬼のまちづくり」の一環で、2015年にスタート。今回は県内をはじめ大阪府や北海道などから52作品が集まった。町内からも初めて応募があり、このほど表彰作品13点が決まった。

 同展では応募のあった全作品を展示。筋骨隆々の体や独特の険しい表情などで怖さや威圧感を前面に押し出した作品や愛くるしい子ども、孫の成長を楽しみに待つおじいちゃんなど人間味あふれる鬼が並ぶ。

 町企画振興課は「趣向を凝らした作品が多く集まった」として来場を呼び掛けている。入場料200円、月曜定休。問い合わせは同課=電話0895(45)1111。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。