ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

スノーボード 

片山「今季一番」もメダル遠く

2018年2月15日(木)(共同通信)

【男子ハーフパイプ決勝】エアを決める片山来夢=平昌(共同)

【男子ハーフパイプ決勝】エアを決める片山来夢=平昌(共同)

 4年前の悔しさをばねに成長した男子ハーフパイプ(HP)の片山は、メダルに届かなかった。持てる力を平昌のコースで発揮し「今シーズンで一番良かった」という滑りを披露したが、表彰台に立つには5・00点足りなかった。

 前回のソチ冬季五輪は合宿先のテレビで見た。誇らしげに首からメダルを下げる3歳下の平野と、同い年の平岡。「俺はこんな所で何をやっているんだろうって。実力不足を痛感したし、ふがいなかった」。次の日から新技の練習を始めた。

 ソチ五輪で、ある選手が繰り出した正スタンスとは逆の右足を前にした縦2回転と横3回転「スイッチバックサイドダブルコーク1080」を1日でマスター。2015年8月のワールドカップ(W杯)で初優勝し、着々と実績を積み上げた。

 技のイメージが湧くと「イメトレ君」と名付けた人形を動かしながら、体のひねりや回転方向を想像する。海外遠征などにも持参し、試合前日の就寝前には必ず動かして当日の演技構成を確認してきた。

 平昌で味わった失意を糧にできるか。「まだまだ自分がやりたいことはあるので、そこにひたすら向かうだけ」と今後を見据えた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。