ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
616日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

通行止めなど交通に乱れ

南予で積雪60センチも、県内69校休校

2018年2月7日(水)(愛媛新聞)

来庁者の安全を確保しようと、八幡浜市役所の外周歩道で除雪作業する市職員=6日午後1時15分ごろ、八幡浜市北浜1丁目

来庁者の安全を確保しようと、八幡浜市役所の外周歩道で除雪作業する市職員=6日午後1時15分ごろ、八幡浜市北浜1丁目

 四国の上空に氷点下12度以下の強い寒気が流れ込んだ6日、県内では南予を中心に雪が続いた。積雪は多いところで60センチに達したほか、県内の小中高校計69校が臨時休校。列車の運休や高速道路の通行止めなど交通にも影響が出た。

 各自治体や消防によると、大洲市東部の河辺町北平地区では、夕方には積雪が60センチに達し、河辺支所前は約40センチが積もった。平野部も深い雪に覆われ、大洲城は正午前で臨時休館。内子町は本庁前(平岡)で15センチ、山間部では20~25センチ、久万高原町では午後6時時点で36センチの積雪となっている。

 県教育委員会の説明では、南予を中心に43小学校と21中学校、5高校と5日を大きく上回る計69校が休校したほか、始業時間や終業時間の変更が相次いだ。

 松山自動車道は伊予インターチェンジ(IC)-宇和島北IC間の上下線がほぼ終日通行止め。大洲市と八幡浜市を結ぶ国道197号は6日午前0時半から夜昼トンネル周辺でチェーン・冬用タイヤ規制を実施した。

 県警交通企画課によると、県内では5日午後5時~6日午前9時、積雪や凍結による自損事故が南予を中心に29件発生した。

 JR四国の予讃線松山駅―宇和島駅間は特急30本が運休するなどし、約3500人に影響が出た。7日の同区間の特急列車は始発から下り4本、上り5本の運休を決めた。

 松山地方気象台は6日午後4時27分、大雪に関する県気象情報を出した。7日昼前にかけ中南予の山地で大雪が続く見込み。7日午後6時までの24時間降雪量は多いところで山地30センチ、平地15センチなど。積雪や路面の凍結による交通障害、集落の孤立、屋根からの落雪、水道管の凍結、倒木や電線の断線などに注意を呼び掛けている。7日午後からは晴れ間ものぞくが、寒さは続くとしている。

 気象台は6日午後4時8分、南予北部に大雪警報、中南予になだれ着雪注意報などを出した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。