ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

18年度

県後期高齢者医療広域連合、定例会

2018年2月7日(水)(愛媛新聞)

 県後期高齢者医療広域連合議会定例会が6日、松山市であり、2018年度予算など8議案を可決した。医療機関に支払う保険給付費などに充てる特別会計は2092億9947万円(前年度比0・6%増)で過去最大を更新した。被保険者や医療費の増加が主な要因だった。

 特別会計の歳出内訳は、保険給付費が2085億5632万円(0・6%増)、事務経費などの総務費は3億7560万円(22・9%増)、健康診査業務委託料などの保健事業費は2億6191万円(0・2%増)だった。

 広域連合の運営などに充てる一般会計は2億450万円(8・4%増)。第3次広域計画(18~23年度)には、保健事業の推進や医療費の適正化などの基本方針を盛り込んだ。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。