ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

伊予路をかける 愛媛マラソン

~注目ランナー紹介~<2>大城優衣さん(24)愛媛銀行

2018年1月24日(水)(愛媛新聞)

初優勝を目指す大城優衣さん=19日、松山市堀之内

初優勝を目指す大城優衣さん=19日、松山市堀之内

【前回3位 狙うは優勝】

 県内唯一の実業団女子陸上チームとして2016年に創部した愛媛銀行女子陸上部の1期メンバー。初出場した前回の愛媛マラソンでは2時間48分44秒で3位に入った。「狙うは優勝。地元実業団として大会を盛り上げたい」と2度目の挑戦を楽しみにしている。

 沖縄県出身。小学2年生で、三つ子の弟2人と一緒に陸上クラブの門をたたいた。中学、高校は駅伝に打ち込んだ。城西国際大の女子駅伝部に進み、卒業後は「実力を試したい」と愛媛を新天地に選んだ。

 平日は朝5時に起き、1時間強の朝練習を終えて銀行で勤務。午後3時ごろから競技場やロードコースで練習に励んでいる。

 1年目は愛媛マラソン以外の大会には出ず、安定したフォームやペース感覚をつかむ練習に専念。順位は気にせずペースを意識して走った結果、目標の2時間50分切りを達成した。エイド(給食所)の坊っちゃん団子やゴールでの足湯といったおもてなしにも感動し、「とても楽しく走れた」と振り返る。

 今回は招待選手としての出場とあって、結果にもこだわる。長い距離を走る練習やタイムを意識した練習をこなし、前回を上回る2時間40分切りが目標。多くのランナーが苦しむ終盤の「平田の坂」まで体力を温存し「30キロすぎが勝負」と仕掛けどころを見極めている。

 愛媛銀行からは14年に優勝した男子の井上正之さん、ベテランの正井裕子さんらも出場する。「男女アベック優勝、正井さんとのワンツーフィニッシュが理想です。もちろん私が『1』の方でね」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。