ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1016日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

北京冬季五輪に照準

フィギュア期待のジュニア選手・島田高志郎に聞く

2018年1月24日(水)(愛媛新聞)

「来季は勝負の年」と意気込みを語る島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

「来季は勝負の年」と意気込みを語る島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

ふるさとのリンクで調整する島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

ふるさとのリンクで調整する島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

「来季は勝負の年」と意気込みを語る島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

「来季は勝負の年」と意気込みを語る島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

ふるさとのリンクで調整する島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

ふるさとのリンクで調整する島田高志郎=10日、イヨテツスポーツセンター

 フィギュアスケート界期待のジュニア選手、島田高志郎(16)=岡山・就実高1年、松山市出身=が昨夏から拠点をスイスに移して活動している。今季はけがに苦しんだが、元世界王者でバンクーバー五輪4位のステファン・ランビエルコーチに師事し、さらなるレベルアップを誓う島田に抱負などを聞いた。

 

【昨夏からスイスに拠点 速さと技術 融合目指す】

 ―海外に拠点を移した理由は。

 体がどんどん大きくなり、うまく上体を動かせない時もあった。ジュニアとシニアではスケーティングのレベルが違うので自分のスケートを変えたい思いもあった。今は標高約1100メートルにあるスイスのシャンペリーで生活している。他国の五輪代表もおり刺激を受け、不安はあったがお互いに励ましながら頑張っている。

 ランビエルコーチには、ほぼマンツーマンで指導を受けている。コーチをまねて骨盤の位置などを細かく意識するとかなり疲れる。美しい動きで滑るコーチからどんどん吸収して、課題のスケーティングの力がついた実感はある。高橋大輔さんのようにステップを磨き、スピードと技術を融合させた自分の滑りを見せたい。

 

 ―来季への抱負を。

 来季は勝負の年。持ち味の表現力に加え、スケーティングやステップをさらなる強みにしたい。練習で成功しているトリプルアクセルも安定させたい。現状で同世代に遅れているとは感じるが、あまり問題だと考えてはいない。一番大きな目標の2022年北京五輪に照準を合わせている。19~20年シーズンにシニアに上がりたいので、そこで戦えるように体と技術を鍛える。愛媛のファンにも温かく見守ってもらいたい。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。