ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1016日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

黒い神社もお目見え

黒い商店街第3弾、始まる 八幡浜

2018年1月9日(火)(愛媛新聞)

「黒い商店街」で公開された「黒い神社」を見に訪れた親子

「黒い商店街」で公開された「黒い神社」を見に訪れた親子

 愛媛県八幡浜市中心部の新町商店街の店舗などが独自に開発した黒にちなんだ公認商品を販売、公開する「黒い商店街第3弾」が8日、幕開けした。回を重ねるたびに進化する、あっと驚く商品の数々が、訪れた家族連れらの心をわしづかみにしている。

 3回目の今回は最多の55店舗が参加。買い物マップ「ブラックリスト」には、初登場の「黒い御守、勝守」や「黒い手羽先」など70点を載せ、期間を設けず販売、公開することにしている。

 住吉呉服店(新町3丁目)は、店内2階にあった住吉神社の社殿を黒の漆塗りでお色直しして1階に移した。地元神社の禰宜(ねぎ)による竣工(しゅんこう)報告祭があり、「黒い神社」がお目見えした。

 竹炭を混ぜた黒い餅まきもあり、子どもから大人まで大勢の人が集まった。長女と訪れた西予市の看護師の女性(36)は「子どもと一緒に楽しめるイベントもあり活気につながる」と話した。

 黒い商店街は、新町商店街振興組合が八幡浜黒湯温泉「みなと湯」(北浜1丁目)とコラボし、商店街のPRや地域活性化につなげようと2017年1月から実施している。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。