ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

国体相撲成年男子チームと8個人

感動キラリ西予大賞 国体・障スポ出場者らに贈呈

2017年12月29日(金)(愛媛新聞)

障スポ大会で活躍し、キラリ西予大賞の盾を受け取る選手(左)

障スポ大会で活躍し、キラリ西予大賞の盾を受け取る選手(左)

 西予市は26日、愛媛国体や全国障害者スポーツ大会(障スポ大会)などで活躍して市民に夢と希望を与えたとして、国体相撲成年男子チームと8個人に「キラリ西予大賞」を贈った。

 管家一夫市長が賞状と記念の盾を出席者に手渡し「力を発揮してくれたことに市民を代表しお礼申し上げる。今後ともますます活躍してほしい」とあいさつ。障スポ大会サウンドテーブルテニス1部2位の松山盲学校高等部2年生(17)は「監督や応援に来てくれた人たちのおかげで銀メダルを取れ、大賞はうれしい。やめたいと思ったこともあるが、大会で競技が好きだと思い知った。今の気持ちを思い出し、これからも音の世界で輝きたい」と話していた。

 ほかの受賞者は次の皆さん。

 【国体】住木厳太(相撲少年男子個人準優勝)都田輝夏(カヌー成年女子スラローム・カヤックシングル15ゲート2位)岩城勇馬(ラグビー成年男子準優勝)

 【障スポ大会】阿部睦、和気只夫(グランドソフトボール優勝)篠崎幸子(フライングディスク ディスタンスレディース・スタンディング3位)

 【ロボット競技国際大会】岡本渉(ワールド・ロボット・オリンピアード11位=八幡浜工業高校チーム)

 

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。