ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島南初の定員割れ

県立3中教校 志願547人、倍率1.14倍

2017年12月20日(水)(愛媛新聞)

 県教育委員会は19日、県立中等教育学校3校(定員各160人)の2018年度入学志願者数を発表した。全体で前年度より83人少ない547人で、倍率は0・17ポイント低い1・14倍。志願者数、倍率ともに5年続けて過去最低を更新した。

 志願者数と倍率は、今治東106人(0・66倍)▽松山西318人(1・99倍)▽宇和島南123人(0・77倍)。今治東は3年連続、宇和島南は初めて定員を下回った。

 県教委は倍率低下を「少子化による児童数減少によるもの」と分析。定員については「適正規模の維持を踏まえつつ、倍率低下の理由や児童数の推移を見ながら検討する」とした。

 18年1月7日に作文や適性検査、面接を実施し、15日に合格発表する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。