ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1218日()

ログイン
Myページ
MENU

松山全日空ホテル

【イベント】酔書-suisho-千代の亀の日本酒を飲みながら書き初めを楽しむ

2017年12月7日(木) (松山全日空ホテル)

 

「日本酒」+「日本料理」+「書道」×「空間」

新感覚の日本文化を、上質な空間で体感。

 

■酔書(すいしょ)とは、

お酒に酔って文字を書くこと。

「和」の上質な空間で、千代の亀の日本酒と雲海の料理、上質な空間に酔いしれながら気持ちをいつも以上に開放させて書き初めに没頭。書道家田中象雨氏のライブ書道など新感覚の日本文化を体感できるイベントです。

日時:2018年1月13日(土)19:00~21:00(18:30受付開始)

金額:¥7,000(※書道参加費・お酒代・料理代含む)

場所:6F日本料理「雲海」

形式:立食ブッフェ(日本料理)+日本酒(千代の亀酒造厳選5銘柄)+酔書(書初め)体験・書道パフォーマンス体感

定員:30名様 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。

本イベントはチケット制になっております。事前にチケットをご購入ください。

ご購入は、雲海店頭もしくはWEBで。

 

~酔書案内人~

 

書道家 田中象雨(タナカショウウ)

書道家。

看板、CDジャケット、書籍の表紙等の題字を多数手掛ける傍ら、遠藤賢司のライブ題字を皮切りに、音楽、お笑いライブにて数々のライブ書道を行う。展示は国内居酒屋からニューヨーク、パリまでに渡りその活動の幅は多岐に渡る。

2012年、ピース又吉と「鈴虫炒飯」(幻冬舎)を共著。造語と書道の新しい試みの本として注目される。

2015年、京都国際映画祭にて展示、揮毫。

2017年、テレビ「NHKスペシャル」題字揮毫。

 

~日本酒案内人~

千代の亀

(愛媛県内子町五十崎)

操業1716年(享保元年)

一粒一滴に心を込めて手作りの酒を世に送り出す。

その個性的な日本酒は高い評価を受けており、今注目の酒蔵です。

 

~料理案内人~

日本料理「雲海」

(松山全日空ホテル6階)

瀬戸売りの新鮮な魚介類は旬の素材を活かした「和」の味覚を、美しい日本庭園を眺めながらご堪能いただけます。

 

イベントに関するお問合せ

Tel.(089)933-5511(代) 雲海まで

■当イベントはチケット制となっております。雲海店頭もしくは、WEBにて事前にご購入ください。

WEBでのご購入は、http://anahotelmatsuyama-shop.com

※この情報は、企業からの発信情報でありその情報発信の責任は、発信企業側に帰属します。

最新プレスリリース一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。