ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

東京五輪事前合宿誘致

マレーシアバドミントン協会会長ら来県、施設など視察

2017年12月7日(木)(愛媛新聞)

中村時広知事(右)と面談したマレーシアバドミントン協会のダト・スリ・ノルザ会長=6日午後、県庁

中村時広知事(右)と面談したマレーシアバドミントン協会のダト・スリ・ノルザ会長=6日午後、県庁

 2020年東京五輪に向けて、愛媛県などが事前合宿の誘致を働き掛けているマレーシアのバドミントン協会のダト・スリ・ノルザ会長ら3人が6日、中村時広知事を訪問した。ノルザ会長は「愛媛を事前合宿候補として前向きに考えたい」と話した。

 マレーシアはバドミントンの強豪国。3人は5日に来県し、陶街道ゆとり公園体育館(砥部町)や県武道館(松山市)などを視察した。7日に帰国する予定。

 県バドミントン協会長を務める中村知事は、愛媛国体に向けた選手強化にマレーシアのコーチが尽力したことに感謝。「もし五輪前の合宿が実現したら私が責任を持ってお迎えする」と述べ、温暖な気候や空港と市街地の近さなどをアピールした。

 ノルザ会長は「2日間で視察した施設はどれも記憶に残った。特に県武道館は03年建設と聞いたが、きちんと管理されており新築のようだった」と印象を語った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。