ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1017日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

発信!高校生記者

[2017愛媛国体・えひめ大会・特別編]競技会場で聞きました 松山南砥部分校/新居浜西高

2017年12月2日(土)(愛媛新聞)

日野林マリエさん

日野林マリエさん

日野林マリエさん

日野林マリエさん

[バドミントン・松山南砥部分校取材班]

【砥部のふるまい料理を担当 日野林マリエさん(34) ママ友9人頑張った】

 「元気ひろたを考える会」の女性グループでホウレンソウコロッケを300個配布した。広田地区の冷涼な気候で育つ野菜は甘くておいしい。国体という機会に地域をもっと知ってもらいたいとの思いから、ママ友9人で頑張った。

 

 

 

 

兼下瑠華さん

兼下瑠華さん

兼下瑠華さん

兼下瑠華さん

【案内役の砥部分校1年 兼下瑠華さん(16) 笑顔で対応心がけた】

 人とのふれあいや人が集まるところが大好き。国体に足を運んでくださった人が、私の対応でイヤな思いをしないよう、きれいな言葉づかいや笑顔で接することを心がけた。「頑張りよるね」と温かく声をかけてもらいうれしかった。

 

 

 

 

 

 

瀬尾唯華さん

瀬尾唯華さん

瀬尾唯華さん

瀬尾唯華さん

[重量挙げ・新居浜西高取材班]

【友達と応援に来た中萩中2年 瀬尾唯華さん(14) 初の観戦 迫力に感動】

 競技を見たのは初めて。ルールもあまり知らず地味な印象があったが、実際は迫力があって感動した。試技が成功した後にバック転する選手がいたことにはびっくりした。できるのならボランティアをして運営を手伝ってみたかった。

 

 

 

 

 

堀越典昭さん

堀越典昭さん

堀越典昭さん

堀越典昭さん

【埼玉県成年選抜のコーチ 堀越典昭さん(45) 新居浜を訪れ好印象】

 選手時代は連続10回の国体出場。指導者としての経験を含めると国体で相当数の自治体を訪れた。新居浜の印象は「みんな優しくて笑顔いっぱいだった」。観光する時間がなかったのは残念だが名物の「どて焼き」はおいしかった。

 …………………………

 タイトルカットは松山南高砥部分校デザイン科制作。高校生記者の活動はホームページ愛媛新聞ONLINEで随時更新。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。