ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1218日()

ログイン
Myページ
MENU

県調査

西条で鳥インフル検出、野鳥ふん便から低病原性

2017年11月30日(木)(愛媛新聞)

 県は29日、西条市で調査採取した野鳥のふん便から、感染した鳥の致死率が低い低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出されたと発表した。県内で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは初めて。県は30日に防疫会議を開き、県家畜保健衛生所の職員らに農家への指導の徹底を呼び掛ける。

 県や環境省によると、県が10月26日に西条市の加茂川河口でカモ類とみられるふん便を採取し、2検体から検出された。県の対応マニュアルでは半径1キロ圏内の養鶏農家に注意喚起が必要だが、該当はなかった。

 西条市はウイルスを保有している野鳥の飛来を受け、市内の全養鶏農家11戸に電話で情報提供。10月に消毒用消石灰を配布しており、追加の要望があれば提供するという。

 今シーズンのウイルス確認は低病原性で全国2例目、高病原性を合わせると9例目。今回採取したふん便は国立環境研究所(茨城県つくば市)での遺伝子検査を経て、鳥取大で確定検査をしていた。

この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の主要ニュース

トップ10ニュース

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。