ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
220日()

ログイン
Myページ
MENU

発信!高校生記者

[2017愛媛国体・えひめ大会・特別編]競技会場で聞きました 三崎高/大洲農高

2017年11月25日(土)(愛媛新聞)

前田巧さん

前田巧さん

前田巧さん

前田巧さん

[バレーボール・三崎高取材班]

【視察した津市職員 前田巧さん(48)施設や駐車場に注目】

 4年後の三重国体に向け伊方の会場を見に来た。施設や駐車場、おもてなしに注目した。体育館は空調が充実していた。愛媛は4市町で開催され、おもてなしがいろいろあって楽しい。高校生の手作り和菓子が終了していたのは残念だった。

 

 

 

 

谷越秀代さん

谷越秀代さん

谷越秀代さん

谷越秀代さん

【北海道千歳市から応援に来た 谷越秀代さん(52)地域の人の応援 印象】

 成年女子バレーに娘が出場した。初戦が愛媛だったので応援の熱気がすごかった。北海道の応援団は15人。アウェー感が大きかった。私自身、バレーで国体に12回出場した。民泊で地域の人が応援してくれたことが、強く印象に残っている。

 

 

 

 

 

 

大塚茂央さん

大塚茂央さん

大塚茂央さん

大塚茂央さん

[ソフトテニス・大洲農高取材班]

【おもてなしブースの責任者 大塚茂央さん(44)いもたきで地元PR】

 愛媛で64年ぶりの国体は大洲をPRするよい機会だった。ソフトテニス会場は初日に大洲コロッケ、2日目はいもたきを出してもてなした。終日雨だった初日に体が温まるいもたきを出せればよかったが、急な変更はできず残念だった。

 

 

 

 

 

大下隆司さん

大下隆司さん

大下隆司さん

大下隆司さん

【ラケット調整で選手を支援 大下隆司さん(50)4人で即応態勢組む】

 広島のスポーツ店に勤務しているが、メーカーの依頼で会場に詰め、ラケットのガットの調整を担当した。4人で即応態勢を組み、張り替えやテンションの調整を行った。大洲会場は初日が雨で、選手には気の毒なコンディションと感じた。

 

 タイトルカットは松山南高砥部分校デザイン科制作。高校生記者の活動はホームページ愛媛新聞ONLINEで随時更新。

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。