ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

乳児院や老人ホーム合築

複合福祉施設 鬼北に建設開始

2017年11月18日(土)(愛媛新聞)

 宇和島地区広域事務組合(岡原文彰組合長)が鬼北町近永に移転新築する鬼北複合福祉施設(仮称)の建設がこのほど始まった。世代間の交流や運営の効率化を目的に、老朽化が進んでいる養護老人ホーム「広見広楽荘」、児童養護施設「近永愛児園」、乳児院「近永乳児院」の3施設を一括して移転し合築。2019年1月ごろの運営開始を目指す。

 敷地面積約5300平方メートルで北宇和病院の隣接地に立地。鉄筋コンクリート2階建て1棟と木造平屋2棟で延べ床面積は計約3950平方メートル。これまで2~4人部屋だった広楽荘と愛児園は個室となり、愛児園と乳児院は県産材を使用する。事務、調理スペースをまとめ、3棟の間に渡り廊下を造る。総工事費は約12億2千万円。

 11月中旬に同所で地鎮祭があり、建築関係者ら約60人が工事の安全などを願った。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。