ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛県大阪事務所入居ビルのB1

四国の郷土料理と酒、大阪に「四国SAKABA」開店

2017年11月17日(金)(愛媛新聞E4編集係)

「今治焼き鳥」(愛媛)

「今治焼き鳥」(愛媛)

「南予鯛めし」(愛媛)

「南予鯛めし」(愛媛)

「季節柑橘ハイボール」(愛媛)

「季節柑橘ハイボール」(愛媛)

「藁焼きカツオタタキ」(高知)

「藁焼きカツオタタキ」(高知)

「海賊焼き」(徳島)

「海賊焼き」(徳島)

「骨付鶏」(香川)

「骨付鶏」(香川)

 四国4県の代表的な郷土料理やお酒にこだわった居酒屋「四国SAKABA」が11月16日、「食の都・大阪」にオープンした。大阪市西区江戸堀1丁目の愛媛県大阪事務所が入るビルの地下1階。愛媛の「今治焼き鳥」や「じゃこ天」「南予鯛めし」などの愛媛の郷土料理も提供しており、愛媛の観光物産の情報発信拠点となっている県大阪事務所との相乗効果も期待される。

 居酒屋の「北の家族」「手羽一郎」や「コメダ珈琲店」など19業態を展開するパートナーズダイニングが出店した。

 メニューには四国の名物料理がずらり。高知の「藁焼きカツオタタキ」「どろめ(生シラス)」や香川の「骨付鶏」「讃岐釜玉うどん」、徳島の「海賊焼き」「フィッシュカツ」が看板メニューに。

 酒も「四国」にこだわり、愛媛県の増田農園の「季節柑橘ハイボール」やPONジュースを使用したカクテル、四国の地酒も取り揃えているという。ランチメニューで「鯛めし定食」や高知で話題のあんかけ麺「ジャン麺」も提供するという。

 「特定の地域や食材に特化した専門業態が受けている。開発担当者が四国を巡り、郷土料理や地酒などを調査し、新規出店を決定した。まだ知られていないおいしいご当地料理がたくさんあり、これらの情報をまずは大阪で発信していきたい」と同社担当者。四国をテーマにした店舗は初出店。店内には愛媛県の物産関係のポスターを貼るなど、情報発信のコラボも始めているという。

    おすすめ記事

    <企業広報>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。