ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

国体・障スポ

上位入賞感謝 伊予市6選手、市役所で報告

2017年11月10日(金)(愛媛新聞)

愛媛国体と全国障害者スポーツ大会で上位入賞した伊予市在住の6選手

愛媛国体と全国障害者スポーツ大会で上位入賞した伊予市在住の6選手

 9、10月に開催された愛媛国体と全国障害者スポーツ大会で、伊予市実行委員会は8日、市役所で上位入賞した市内在住6選手の報告会を開き、健闘をたたえた。

 出席したのは、国体出場で玉井武さん(弓道成年男子遠的優勝)と児玉風香さん(柔道女子団体優勝)、障害者スポーツ大会では利岡義親さん、冨永広幸さん(以上グランドソフトボール金メダル)、久保道雅さん(ボウリング壮年男子金メダル)、渡辺繁さん(陸上50メートル銀メダル)の計6人。

 報告会では武智邦典市長が「培ったパワーを今後とも愛媛や伊予市のために発揮してもらいたい」とあいさつ。選手は「会う人会う人によかったねと言ってもらえてうれしかった」、「地元での大会に出場できいい思い出になった」などと振り返った。

 報告会後、冨永さん(54)=同市大平=は「助けてもらった家族や周囲の人のおかげ。感謝したい」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。