ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛新聞デジタルナビゲーション vol.14

えひめ国体・大会 大学生リポーターの声 笑顔と感動 伝える喜び

2017年11月8日(水)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 笑顔と感動に包まれた第72回国民体育大会・第17回全国障害者スポーツ大会「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会」。応援アプリなどを通じ、大学生を中心とする108人のリポーターと高校生記者が全会場から、選手の活躍などを発信しました。総数約6千件。スポーツの魅力を体感し、感動を伝えた大学生リポーターの声が寄せられました。

 

【愛媛大社会共創学部 丹生谷拓実さん=総合開会式、バレーボール、サッカー、開・閉会式(障)、バレーボール(障)】

 リポーターを経験し、大きなイベントを運営・サポート・発信する人たちの大変さを身をもって知ることができました。トップアスリートのプレーを間近で見て、とても刺激を受けるとともに、自分ももっとスポーツをしたい、関わっていたいと改めて実感しました。一生の思い出になる本当によい経験をさせていただくことができました。

 

【愛媛大法文学部 井上華菜子さん=剣道】

 リポーター体験を通じて有意義な時間を過ごせたことは、大学生活の思い出になり、生涯でも貴重な経験になったこと、心よりうれしく思っています。全タイトル優勝という素晴らしい成績を間近で拝見でき、リアルタイムで発信できたことなど、これまでにない経験ができました。これを機にもっと剣道が注目される競技になることを願っています!

 

【松山大経済学部 柏原友樹さん=弓道、ビーチバレー、ソフトボール、軟式野球、バスケットボール(障)、サッカー(障)】

 弓道が印象深く残りました。遠的で成年男子が見事に悲願の地元優勝を果たしました。写真を撮るだけでなく、選手への取材もすることができました。優勝した喜びを爆発させていたのが今でも忘れられません。愛媛国体を通して普段触れることのない競技をリポートでき、スポーツの楽しさを学ぶことができました。実際に報道専用のコーナーで写真を撮ったり、直接選手へのインタビューができたことは、今後の人生の中で必ず役立つものと思っています。

 

【松山大経済学部 池田奈菜子さん=体操、シンクロナイズドスイミング】

 体操経験6年。特に印象に残ったのは体操成年男子です。完璧な内容で優勝を決めた瞬間の会場の空気は忘れられない思い出となりました。競技を見る、取材する立場になって、改めて体操の魅力を感じました。国体に関わることができてよかったです。

 

【愛媛大社会共創学部 車谷勇奈さん=オープンウォータースイミング、軟式野球、陸上、ラグビー、フェンシング、総合閉会式】

 地元開催の国体に関わるという本当に貴重な経験ができました。自分の専門以外の種目を近くで観戦することは普段ないので、さまざまな種目をリポートすることで、より一層スポーツが好きになりました。国体は終わりますが、愛媛のスポーツをより発展させていくために、今回の経験を生かしてサポートしていきたいです!

 

【松山大経営学部 山地智之さん=自転車、フットベースボール(障)】

 報道という立場で会場に行き、リポートする業務は、情報の正確さなど気を付けなくてはいけないことも多く、初めはとても緊張しました。次第にこつをつかみ、観戦を楽しみながらリポートすることができました。印象に残っているのは、選手と言葉を交わした際に「アプリ見てます」と言っていただいたり、記者の方に写真をほめてもらったりして、とてもうれしく、やりがいを感じました。今回、LIVEリポーターとして関わることができ、とても貴重な経験になりました。

 

【愛媛大教育学部 山川義弘さん=ソフトボール(障)、水泳(障)】

 「みんなに自慢の打線を見せられてよかった」と語る選手の姿に感動した。みんなソフトボールが大好きなんだと伝わってきた。私自身も草野球チームで軟式野球をやっている。スポーツには勝ち負けがある。そこに注目しがちだが、スポーツを好きでいられるか、それを見ている人に伝えられるかが本来、大切なのかもしれない。最終日の水泳。全力で泳ぎ、水から上がったその顔には「愛顔(えがお)」があふれていた。大会のスローガンにふさわしく、愛顔がつながれた。その中の一人に私も加われたことは忘れないだろう。

 

【愛媛大教育学部 清水千聖さん=ホッケー、銃剣道】

 銃剣道は一度も試合を見たことがなく、リポートができるのかと不安でした。しかし、試合は緩急が激しく、一瞬のうちに勝負がつくこともあり、とても面白いものでした。少年男子は優勝という結果だったため、皆さんの「愛顔(えがお)」をお届けできたと感じています。愛媛国体という機会に、あまり見ることのできないスポーツを間近で見られたことを本当にうれしく思います!

 

【愛媛大社会共創学部 森結奈さん、小松佳奈さん=ボウリング】

 個人の決勝で愛媛選手の活躍を見ることができ、とても感動しました。優勝した選手の生の声を聞き、リポートするという立場からの応援となりましたが、報道員の仕事の大変さ、やりがい、達成感などを味わえたのでよい経験になりました。また機会があれば参加したいです!

 

【松山大薬学部 奥迫優奈さん=弓道、ボウリング、水泳(障)】

 普段見ることのない競技を近い距離で見ることができ、すごくいい経験でした。特に弓道は静まり返った中、的に当たった瞬間、歓声が上がるあの雰囲気が印象的で、見ていてすごく楽しかったです!

 

【松山大人文学部 野々村颯記さん=ゴルフ】

 間近で全国レベルのプレーを見て、その場の状況を皆さんに伝えることが楽しかったです。愛媛国体に関わることができ、貴重な体験となりました。

 

【松山大人文学部 阿部紗己さん=新体操】

 演技中の写真を撮り、リポート。会場外で振る舞われている郷土料理やみきゃん広場の様子を紹介し、もっと多くの人に会場に来てもらいたいと、多くの写真を投稿しました。演技を間近で見ることができ、お世話になった新体操の先生に6年ぶりに再会することもできました。貴重な経験をすることができ、うれしく思います。

 

【松山大人文学部 山本麻代さん=競泳】

 読者の方が分かりやすいよう工夫してリポートしました。競泳中は水しぶきが上がるため、選手の写真を撮ることが難しく、いい写真が撮れた時はやりがいを感じました。観客の声援など、県民の国体に対する盛り上がりを感じることができました。愛媛国体を盛り上げる一助になれたことは、とてもいい経験になりました!

 

【今治明徳短大調理師専修科 山内彩音さん=ソフトボール】

 私も経験者なので各チームの選手のプレーを見ていて、とても楽しかったです。試合ではホームランやファインプレーも多く、白熱した試合をリポートできて本当によかったです。

 

【今治明徳短大ライフデザイン学科 千崎心さん=重量挙げ、山岳、グランドソフトボール(障)】

 実際に大迫力のプレーを見たり選手たちとお会いしたりして、やはり一流の選手は、肉体はもちろん精神も一流だと感じました。私も選手たちのようにストイックかつ、みんなに優しい人になりたいと思いました。知らなかったことを知り、たくさんの方々と知り合うことができ、楽しく貴重な経験ができました。

 

【松山大経営学部 菅敦雄さん=バスケットボール、軟式野球】

 リポーターとして国体に参加させていただき、国体の熱気を感じたり、地元の人たちと交流したりすることができ、貴重な体験をすることができました。

 

【愛媛大教育学部 山内奈都さん=バスケットボール】

 間近で迫力あるプレーや、熱い応援を見られて、とっても楽しかったです。試合が接戦になればなるほど、試合に集中してしまい、リポートするのが大変でした。地域のすてきなおもてなしから愛媛の人の温かさを感じました。

 

【愛媛大教育学部 光畑凜音さん=体操】

 愛媛選手の活躍、国体会場の盛り上がりをリアルタイムで届けることができ、会場に足を運ぶことのできない方にも国体を楽しんでもらえたのではないかと思います。温かい声援が会場中に響き渡っていたことがとても印象に残っています。スポーツは人と人の心をつなぎ、一つにしてくれるということを感じました。スポーツの魅力を再確認することもできました。忘れることのできない思い出の一つになりました。

 

【愛媛大教育学部 吉中真菜恵さん=弓道、なぎなた、ボウリング(障)、閉会式(障)】

 報道席から、選手の活躍や会場の盛り上がりを取材できた貴重な経験でした。選手の様子や会場の臨場感を大勢の人に伝えるために働くプロの報道関係者の姿を見ました。えひめ国体・大会を通して、スポーツの力を一観客として感じるとともに、支えた人たちのつながる力と思いに感動しました。リポーターとして参加できてよかったです。

 

【愛媛大教育学部 松本拓海さん=ホッケー、陸上、バレーボール(障)、陸上(障)】

 選手のみなさんの一生懸命な競技の姿に感動しました。地元の方のおもてなしや、さまざまなボランティアのおかげで大会運営がされていることを感じました。えひめ大会ではサポートボランティアと選手の絆を感じました。

 

【愛媛大教育学部 竹村美輪さん=テニス、水泳(障)】

 責任を持って仕事をする経験、報道員と同じように間近で競技を見たこと、スポーツは人々をつなぐという学び。リポーターとして多くの経験ができ、学ぶこともたくさんありました。この学びを今後の生活に生かしていきたいと思います。また、私たちのような若い世代からスポーツの活動を広げていければいいと感じました。

 

【愛媛大教育学部 今村友萌さん=水球、バレーボール(障)】

 選手や応援席の輝く姿をリポートできて楽しかったです!

 

 …………………………

 「愛媛新聞デジタルナビゲーション」では、地域の「総合情報センター」として愛媛新聞社がご提供するデジタルサービスの活用方法などをご案内します。毎月第2水曜日に掲載します。

 

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。