ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

発信!高校生記者

[2017愛媛国体・えひめ大会・特別編]競技会場で聞きました 南宇和高/八幡浜高

2017年11月4日(土)(愛媛新聞)

横山亜依さん

横山亜依さん

横山亜依さん

横山亜依さん

[サッカー・南宇和高取材班]

【女子・千葉選抜の主将 横山亜依さん(24) 愛媛の温かさ伝わる】

 愛媛は初めて。田舎生まれなので懐かしさを感じた。小中学生らの熱心な応援は力になり、いい意味でリラックスできた。おもてなしコーナーではおいしいものをいっぱい食べた。そこで気軽に声を掛けてもらい、温かさが伝わってきた。

 

田中さささん

田中さささん

田中さささん

田中さささん

【南宇和高1年の放送部員 田中さささん(16)「分かりやすく」念頭】

 会場のアナウンスを担当した。放送は分かりやすく伝えるのが大事。サッカーは初めてで、それも国体の大舞台。非常に緊張した。得点の放送などリアルタイムで対応しなければならず勉強になった。国体に関われ、いい思い出ができた。

 

森岡真由美さん

森岡真由美さん

森岡真由美さん

森岡真由美さん

【愛南町連合婦人会長 森岡真由美さん(73) 特産・養殖ダイ好評】

 愛南町の特産・養殖ダイを食べてもらい、町をPRすることを第一に考えて「鯛(たい)のあけぼの丼」を考案した。毎日、約40匹のタイを用意し、20人ほどで調理などをした。県外の選手らから「おいしい」と好評だった。やりがいがあった。

 

岩田功次さん

岩田功次さん

岩田功次さん

岩田功次さん

[ソフトボール・八幡浜高取材班]

【八幡浜ソフトボール協会理事 岩田功次さん(56) 他県のチームも鼓舞】

 雨で若干、日程変更があったものの、地元で国体の試合ができてこれほどうれしいことはない。協会挙げて公民館やJA、小学生、高校生らと地元応援団を組織し、他県チームをも精いっぱい鼓舞した。愛媛のおもてなしの心を伝えられたと思う。

 

 タイトルカットは松山南高砥部分校デザイン科制作。高校生記者の活動はホームページ愛媛新聞ONLINEで随時更新。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。