ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
723日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国障スポ大会

四つの個性つなぐ「銀」 水泳・混合200mリレー

2017年10月31日(火)(愛媛新聞)

混合200メートルリレーで銀メダルを獲得した愛媛の(左から)深川知則、相原裕太、浅野里佳、桜田開=アクアパレットまつやま

混合200メートルリレーで銀メダルを獲得した愛媛の(左から)深川知則、相原裕太、浅野里佳、桜田開=アクアパレットまつやま

 4人でより良いメダルを―。水泳は最終日の30日、アクアパレットまつやまで行われ、混合200メートルリレーで愛媛は銀メダルを勝ち取った。

 緊張した面持ちで登場した愛媛チーム。第1泳者の深川知則が、最年少の桜田開と気持ちを高め合うようにハイタッチし、勢いよくスタートしてトップでつないだ。その後、横浜市にリードを許すが、相原裕太と浅野里佳が2位をがっちりキープ。アンカー桜田が力強い泳ぎで後続を引き離し観客席を沸かせた。

 相原、深川は個人でメダルを逃しただけに喜びもひとしおの様子。深川は「少し緊張したけどいい泳ぎができた」、相原は「最後に4人で取ったメダルを持ち帰ることができて良かった」と振り返った。

 4人そろっての練習は8月に1回だけだったが、曽根克博監督は「チーム全体が和気あいあいとしていた。地元の応援、声掛けが励みになったと思う」と笑顔で話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。