ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

戦術ぴたり

飛躍の一歩・車いすバスケットボール4位

2017年10月30日(月)(愛媛新聞)

オーター、愛媛・国本がシュートを決め、14―6とリードを広げる=今治市営中央体育館

オーター、愛媛・国本がシュートを決め、14―6とリードを広げる=今治市営中央体育館

 車いすバスケットボールは29日、今治市営中央体育館で準決勝以上を行った。愛媛は準決勝で沖縄に41―66、3位決定戦で神戸市に35―51で敗れて4位に終わった。「目標の3位入賞を果たせず悔しい」。選手は声をそろえたが、初の大舞台で確かな手応えも感じた。

 相手ディフェンスを引き寄せ、フリーになった選手にパスを回してシュートを決めるなどメンバー全員で組織的なプレーを展開した。神戸戦でも序盤にリードを奪うなど見せ場をつくった。主将の白方は「チームの戦術が最後までできた」と振り返った。

 愛媛は県内唯一のチーム「愛媛車椅子バスケットボールクラブ」で編成。今大会を見据え、メンバーは3、4年前から関西への遠征や強化試合などで経験を重ねてきた。体を張ってディフェンスをした木本は「味方を生かす動きができ全力を尽くせた」と語った。

 「1勝できて自信につながったし、全国で戦う課題も見えた。来年の大会は中四国予選を勝ち抜き3位を目指す」と白方。国本も「ここで終わりでない。次につなげたい」。磨いたチーム力でさらなる飛躍を誓った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。