ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

伊予高

水しぶきに熱い視線

2017年10月29日(日)(その他)

 

 

 

 

 「えひめ大会」の水泳会場になっている松山市の「アクアパレットまつやま」。競技第2日の29日、伊予高校の高校生記者6人が力泳する愛媛県勢に熱い視線を送りながらライブリポートしました。

 取材班はスマートフォンなどで情報発信するグループと新聞記事担当のグループに分かれて活動しました。

 この日は新居浜東高の岡部歩乃佳選手と南宇和高の中道穂香選手の2年生コンビ「ダブル ホノカ」が登場。観客席も満員の盛況ぶりです。

 スマホ班は中道選手が力泳する様子や岡部選手が表彰台に立つ姿、大きな似顔絵を掲げて岡部選手を応援する家族や友人らの盛り上がりぶりなどを次々と発信しました。

 一方、記事担当班は表彰台に上がったともに69歳のベテラン、末光真知子選手と宮崎信博選手ら3人にインタビュー。地元でのレースを戦った感想やこれまでの歩みなどを聞き出しました。記事取材を終えると、スマホの動画付きで喜びのコメントや表情を発信しました。

 「えひめ国体」と「えひめ大会」の開催期間中、伊予高の取材活動は5回を数え、関わった記者は延べ21人。高校生記者の活動を行う21校中ダントツを誇りました。この日は、総勢6人で取材に臨み、文字通り有終の美を飾りました。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。