ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1218日()

ログイン
Myページ
MENU

開会式に2万2000人

全国障スポ大会開幕、愛媛勢躍動「金」17個

2017年10月29日(日)(愛媛新聞)

大勢の観客の前で入場行進する愛媛県選手団=28日午前、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

大勢の観客の前で入場行進する愛媛県選手団=28日午前、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上男子2部ジャベリックスローで、16メートル30の大会新記録で1位になった池田斉=28日午後、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上男子2部ジャベリックスローで、16メートル30の大会新記録で1位になった池田斉=28日午後、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

大勢の観客の前で入場行進する愛媛県選手団=28日午前、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

大勢の観客の前で入場行進する愛媛県選手団=28日午前、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上男子2部ジャベリックスローで、16メートル30の大会新記録で1位になった池田斉=28日午後、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

陸上男子2部ジャベリックスローで、16メートル30の大会新記録で1位になった池田斉=28日午後、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」の開会式が28日、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアムで開かれ、国内最大の障害者スポーツの祭典が幕開けした。愛媛での開催は初めて。初日は11競技と二つのオープン競技が行われ、愛媛勢は陸上と水泳、フライングディスクで金メダル計17個を獲得した。

 朝から降り続いた雨の中、開会式には47都道府県と20の政令指定都市の選手団約2千人と観客や式典演技出演者、ボランティアら計約2万2千人が参加した。

 和太鼓やタオル体操、継ぎ獅子などのオープニングプログラムに続き、皇太子さまをお迎えした開会式では、愛媛県選手団約230人が全国の選手団を会場内で出迎えた。最後に愛媛県選手団約70人が入場し、旗手で陸上に出場する伊関創史(18)を先頭に堂々と競技場を行進した。

 国体から引き継いだ炬火(きょか)はリレーでつながれ、フットベースボールの八塚海人(18)、陸上の松田美優(16)が最終走者として炬火台に点火。陸上の池田斉(55)と谷岡真帆(16)が「支えてくださっている皆さんに感謝し、全国の多くの仲間と交流の輪を深め、愛顔で精いっぱい競技する」と力強く選手宣誓した。約1400人が参加した歓迎演技では、愛媛の文化や自然、祭りをダイナミックに表現した。

 競技では、水泳の肢体不自由者女子2部の妻鳥和恵が25メートル平泳ぎを大会新記録で制し、25メートル自由形(区分15)との2冠を達成。同自由形(区分12)は丹波久美子が大会新で頂点に立った。視覚障害者男子2部の佐々木一明も25メートル自由形と25メートル平泳ぎの2種目で1位となった。陸上は肢体不自由者男子2部ジャベリックスローの池田斉が大会記録を更新し栄冠をつかんだ。

 愛媛勢の金メダルの内訳は陸上8、水泳6、フライングディスク3。銀は計4個、銅は計12個だった。ソフトボールは雨天によるグラウンドコンディション悪化のため中止した。

 大会は30日までの3日間、個人と団体の13競技と三つのオープン競技を実施する。

 

【愛媛の金メダリスト】

<陸上>

 毛利淳一=男子2部ジャベリックスロー

 池田斉=男子2部ジャベリックスロー

 佐伯幸男=男子2部ジャベリックスロー

 岩城一弘=男子2部立ち幅跳び

 藤田朱音=女子1部200メートル

 茂元愛美=女子1部ジャベリックスロー

 竹本圭佑=少年男子200メートル

 武智湧史=少年男子1500メートル

 

<水泳>

 塩出秀男=男子2部25メートル背泳ぎ

 佐々木一明=男子2部25メートル自由形・25メートル平泳ぎ

 丹波久美子=女子2部25メートル自由形

 妻鳥和恵=女子2部25メートル自由形・25メートル平泳ぎ

 

<フライングディスク>

 安井幸重=男女共通アキュラシー・ディスリート5

 松浦研二=男女共通アキュラシー・ディスリート5

 米田清作=男女共通アキュラシー・ディスリート5

選手名鑑

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。