ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
617日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

個人・藤井(今治C)15位タイ

ゴルフアマチュア選手権、愛媛伸ばせず21位

2017年10月27日(金)(愛媛新聞)

最終日、18番でアプローチショットを放つ藤井和則=UMKCC(共同通信)

最終日、18番でアプローチショットを放つ藤井和則=UMKCC(共同通信)

 

最終日、18番でアプローチショットを放つ藤井和則=UMKCC(共同通信)

最終日、18番でアプローチショットを放つ藤井和則=UMKCC(共同通信)

 

 ゴルフの都道府県対抗アマチュア選手権大会JA共済CUP(愛媛新聞社など主催、JA共済連特別協賛、富士通・NEC協賛)は26日、宮崎県のUMKカントリークラブ(7039ヤード、パー72)で最終ラウンドを行った。

 愛媛勢は、2日間で藤井和則(今治C)が150(76・74)、久保崇(松山国際)が152(73・79)、黒川由紀也(新伊予G)が176(90・86)。3人の合計スコアで競う団体戦は、478(239・239)で21位タイだった。

 個人戦は藤井が初日の29位から大きく順位を上げて15位タイでホールアウト。初日6位タイの久保は23位タイ、黒川は139位で大会を終えた。

 前日2位の山口が445で逆転し、初制覇した。2打差の2位が前々回優勝の香川、3位は神奈川だった。

 個人は40歳の山中敏靖(富山)が73で回って逃げ切り、通算1アンダーの143で初優勝した。

 第36回大会は来年10月に兵庫県の六甲国際GCで開かれる。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。