ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

[秋季高校野球・県大会]第4日

【西条 2-1 済美】西条、好機に手堅く 接戦粘って振り切る 済美は序盤の逸機響く

2017年10月15日(日)(愛媛新聞)

【坊っちゃんスタジアム】

▽準決勝(9時57分)

123456789
西条1000000102
済美0000000101

▽犠打 西3(西森、神野、宮嶋)済0

▽盗塁 西0、済2(中井、政吉)

▽失策 西2(神野、戸田)済1(中井)

▽球審 尾崎

▽塁審 岡田、高橋、安川

▽試合時間 1時間48分

 

【済美―西条】8回表西条2死二塁、秋山の左前打で二走・伊藤寿が生還し2―0とする=坊っちゃんスタジアム

【済美―西条】8回表西条2死二塁、秋山の左前打で二走・伊藤寿が生還し2―0とする=坊っちゃんスタジアム

【済美―西条】8回表西条2死二塁、秋山の左前打で二走・伊藤寿が生還し2―0とする=坊っちゃんスタジアム

【済美―西条】8回表西条2死二塁、秋山の左前打で二走・伊藤寿が生還し2―0とする=坊っちゃんスタジアム

 【評】西条が少ない好機を手堅くものにした。一回2死から川又が四球で出ると戸田、清木が連打を放ち、相手の本塁悪送球の間に1点を先制した。八回は四球と犠打で2死二塁とし、秋山の左前打で追加点を取った。先発清木は4安打1失点で完投した。

 済美は三回まで毎回得点機を逃したのが響いた。0―2の八回、政吉の単打と盗塁で1死二塁とし、矢野の適時打で1点差としたが、盗塁が阻止され追加点を奪えなかった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。