ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1018日()

ログイン
Myページ
MENU

新たな挑戦も模索

太鼓台の刺しゅう手掛けて35年 四国中央・高橋さん

2017年10月13日(金)(愛媛新聞)

大門地区の太鼓台の飾り幕を手にする高橋さん

大門地区の太鼓台の飾り幕を手にする高橋さん

 東予地方に多く見られる太鼓台は、秋の実りに感謝する祭りの主役だ。きらびやかに彩る飾り幕など刺しゅうを手掛けて約35年になる愛媛県四国中央市川之江町の縫い師、高橋直孝さん(55)は、県認定の「えひめ伝統工芸士」としてはこの分野でただ一人。技術伝承を見据え工芸品としての存在感を示そうと、新たな挑戦も模索する。

読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。