ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
920日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

高等学校野球・硬式

強豪校対決、広陵制し初V

2017年10月10日(火)(愛媛新聞)

【高校野球硬式決勝 広陵―大阪桐蔭】優勝を決め、一塁手大橋(左)とタッチを交わす広陵・中村=坊っちゃんスタジアム

【高校野球硬式決勝 広陵―大阪桐蔭】優勝を決め、一塁手大橋(左)とタッチを交わす広陵・中村=坊っちゃんスタジアム

 高校野球は9日、宇和島市丸山公園野球場などで硬式・軟式の準決勝と決勝を行った。

 硬式は今夏の全国選手権大会準優勝の広陵(広島)が、決勝で今春の選抜大会優勝の大阪桐蔭を7―4で破り初優勝を飾った。

 

 ▽決勝

123456789
広陵(広島)2002111007
大阪桐蔭(大阪)0040000004

 

 【高校野球硬式の決勝は、序盤から点の取り合いになった。】

 一回に広陵が大橋、中村の単打と4番加川の適時三塁打で2点を先制。大阪桐蔭は三回に3安打などで4点を奪って逆転すれば直後に広陵が追い付く。甲子園を沸かせた強豪校の対決らしい白熱した戦いになった。

 流れを引き寄せたのは広陵の主将佐藤。4―4の五回2死一、三塁で打席に入った。それまでの2打席はともに内野ゴロに倒れていたが弱気にはならなかった。「絶対、走者をかえす」。フルカウントの7球目、真ん中インコースの球をとらえ勝ち越しに成功した。その後もチームは追加点を挙げ、夏の甲子園であと一歩のところで逃した日本一の座をつかんだ。「つらい経験を一緒にした仲間と最後に優勝できて良かった」と佐藤。最高の笑顔を見せた。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。