ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

国体、きょう10日閉会式

愛媛、天皇杯2位確定

2017年10月10日(火)(愛媛新聞)

観客席に向けて優勝をアピールする柔道女子のメンバーら=9日午後、松山市市坪西町の県武道館

観客席に向けて優勝をアピールする柔道女子のメンバーら=9日午後、松山市市坪西町の県武道館

 

 

 

【柔道女子・空手団体V、ボクシング嶋田・高橋V、ボート2種目栄冠】

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第10日は9日、松山市市坪西町の県武道館などで17競技が行われた。愛媛の男女総合成績は2347・5点となり、会期を1日残して過去最高の2位となることが確定。1位の東京は2513・5点に伸ばし、2年連続の天皇杯(男女総合優勝)獲得が決まった。

 

 愛媛は女子総合成績も1196点で2位が決定。皇后杯(女子総合優勝)も1274点を挙げている東京に決まった。愛媛が目標に掲げていた天皇杯、皇后杯の達成はならなかった。

 

 愛媛勢は9日、6種目で頂点に立ち、柔道女子団体と空手成年少年男女共通組手団体は初の栄冠。ボートは少年男子かじ付き4人スカルが2年連続、成年女子ダブルスカルが初制覇した。ボクシングは成年男子フライ級の嶋田亨(県競技力向上対策本部)が初タイトルを獲得、同ミドル級の高橋諒(同)は2連覇を飾った。愛媛の優勝の数は39となった。

 

 馬術は少年トップスコアの村上晃信(西条高)が準優勝し、成年男子六段障害飛越の松本隆信(ダイニングバー串松)が4位。陸上成年男子110メートル障害の野本周成(早大)と、高校野球軟式の新田は3位に入った。

 

 ボートは、かじ付き4人スカルの成年女子と少年女子が準優勝し、少年女子ダブルスカルが3位、成年男子かじ付きフォアは6位。シングルスカルでは少年男子の内山正喜(今治北高)と少年女子の船田朋奈(宇和島東高)が6位、成年女子の谷川早紀(今治市役所)は7位。少年男子ダブルスカルも7位だった。

 

 重量挙げは少年男子105キロ超級の福山草生(新居浜南高)がスナッチとトータルで3位、ジャークは4位、女子63キロ以下級の森本さやか(西条市役所)はジャークで5位となった。

 

 レスリング少年男子グレコローマンスタイル50キロ級の塩崎泰隆(八幡浜工高)は5位、陸上少年女子B800メートルの藤田真優(八幡浜高)は7位、体操少年男子は8位だった。

 

 レスリングのグレコローマンスタイルでは、昨年の岩手国体で準優勝した130キロ級の津田大健(宇和島市役所)ら成年男子の4階級と、少年男子の3階級で準決勝進出を果たした。

 

 最終日の10日は、陸上とレスリングの2競技を実施した後、松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジアムで総合閉会式が開かれる。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。