ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛国体第9日

銃剣道 東温高、少年V

2017年10月9日(月)(愛媛新聞)

【少年決勝 滋賀―愛媛】中堅戦で上胴を決め、優勝を決定づけた愛媛・青木椋(左)=東温市ツインドーム重信

【少年決勝 滋賀―愛媛】中堅戦で上胴を決め、優勝を決定づけた愛媛・青木椋(左)=東温市ツインドーム重信

 銃剣道は8日、東温市ツインドーム重信で少年決勝などを行った。愛媛は準決勝で神奈川に2―1で勝利。決勝も滋賀を2―1で下し、愛媛勢初の優勝に輝いた。

  ◇…愛媛勢の成績…◇

 ▽少年準決勝

愛媛    2―1 神奈川

○青木蓮初下上―  神 保②

○青木椋初 判 定  関 ②

 沖 原初  ―上下斎 藤②○

 ▽決勝

愛媛    2―1 滋賀

○青木蓮初上下―  岡  本

○青木椋初上上―  柴 田②

 沖 原初  ―上上田 中②○

(愛媛は初優勝)

【肉体強化 気迫の突き】

 地元国体に向け創設された東温高銃剣道部で挑んだ少年の愛媛。競技歴の短さをフィジカル強化で補い、創部6年目で偉業を達成した。

 中堅の青木椋、大将の沖原の2人は高校から競技を始めた。「経験の差をすぐに埋めるのは難しい」(丹下監督)。週2日は筋力トレーニングの日を設けた。実戦に即した瞬発力や持久力を強化するメニューも取り入れ、2人は「厳しい練習に耐えられる基礎体力がついた」と振り返る。

 ヤマ場となった前回優勝の神奈川との準決勝で、その効果が発揮された。勝てば決勝進出が決まる中堅戦。青木椋が「トレーニングで培った持久力が役に立った」と粘り強く延長戦を戦い抜き、判定勝ちを収めた。

 決勝は「攻めまくる自分のスタイルが出せた」と先鋒(せんぽう)の青木蓮が2本勝ち。青木椋が持ち味の冷静な試合運びで続き、優勝を決めた。

 全試合で勝利した青木蓮は「後の2人を楽にできて良かった。会場の声援も後押しになった」と笑顔。主将の青木椋は「愛媛を背負って戦った経験を今後に生かしたい」と喜びを語った。

 

【競技人口拡大へ】

 点と線。銃剣道と剣道の違いを表現するときに浮かんだキーワードだ。竹刀を振りかぶって打ち込む剣道は「線」、木銃を突く技のみの銃剣道は「点」の動作のイメージ。シンプルさゆえに奥深い駆け引きが魅力となっている。

 全日本銃剣道連盟によると、競技人口は約3万人だが約9割を自衛隊関係者が占め、一般的とは言いにくい。

 しかし今、銃剣道に追い風が吹いている。文部科学省は中学校学習指導要領の武道の一例に銃剣道を明記。連盟も指導者の育成に励んでいる。子どもにとっても楽しめるスポーツの選択肢が増えることはメリットだろう。

 愛媛国体を機に取り組んできた育成事業も継続、発展できるチャンス。裾野の広がりにつながればと思う。

#丹下隆之 

#青木蓮 

#青木椋平 

#沖原葵 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。