ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1119日()

ログイン
Myページ
MENU

バドミントン

成年男子・少年女子 奮闘 感謝の5位  

2017年10月9日(月)(愛媛新聞)

【成年男子準々決勝 大阪―愛媛】シングルスでシャトルを打ち返す愛媛・藤田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年男子準々決勝 大阪―愛媛】シングルスでシャトルを打ち返す愛媛・藤田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【少年女子準々決勝 茨城―愛媛】ダブルスで粘り強くラリーを続ける愛媛・横山(左)と原田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【少年女子準々決勝 茨城―愛媛】ダブルスで粘り強くラリーを続ける愛媛・横山(左)と原田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年男子準々決勝 大阪―愛媛】シングルスでシャトルを打ち返す愛媛・藤田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年男子準々決勝 大阪―愛媛】シングルスでシャトルを打ち返す愛媛・藤田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【少年女子準々決勝 茨城―愛媛】ダブルスで粘り強くラリーを続ける愛媛・横山(左)と原田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【少年女子準々決勝 茨城―愛媛】ダブルスで粘り強くラリーを続ける愛媛・横山(左)と原田=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

 バドミントンは8日、砥部町陶街道ゆとり公園体育館で全種別の準々決勝、準決勝があった。愛媛勢は準々決勝で少年女子が茨城、成年男子が大阪にいずれも0―2で敗れ、5位入賞となった。

 

  ◇…愛媛勢の成績…◇

 ▽成年男子準々決勝

大  阪 2(単1― 0)0 愛  媛

      (複1― 0)

○高 階 2(21―16)0 新 居

 井 谷  (21―11)  西 野

○小 倉 2(21―23)1 藤 田

      (21―16)

      (21― 7)

 ▽少年女子準々決勝

茨  城 2(単1― 0)0 愛  媛

      (複1― 0)

○海老沢 2(21―11)0 横 山

 花    (21―19)  原 田

 海老沢

 彩

○島 倉 2(21―12)1 近 藤

      (14―21)

      (21―13)

 

【成年男子 執念の1ゲーム奪取】

 実力者ぞろいの大阪に食い下がった成年男子は、シングルスの藤田が観客の熱烈な応援を背に第1ゲームを奪うなど奮闘した。

 愛媛がダブルスを落とした後、藤田が対戦したのはインターハイシングルス準優勝などの経歴を持つ強敵。序盤は主導権を握られたが、驚異的な粘りで20―20に持ち込むと、相手の厳しい打球を何度も体を投げ出して返し、ミスを誘った。「執念で取るしかない。必死だった」。敗れた第2、第3ゲームも肩で息をしながら懸命にシャトルを追い続けた。

 藤田は「優勝できず悔しさはあるが、壁を一つ越えられた。第1ゲームを取れたのは応援のおかげ」と笑顔で感謝した。高橋監督は「選手はよく頑張った」とたたえた。

 

【少年女子 劣勢でも明るく前へ】

 少年女子準々決勝で愛媛は、茨城に敗れたもののメンバーは粘り強さを発揮して見せ場をつくった。ダブルスの横山は「最後まで楽しんでプレーできた」と振り返った。

 1戦目のダブルスの横山と原田。第1ゲームを落としたが、第2ゲームで奮闘した。横山がパワフルなショットで崩し甘い球は原田が前に出てポイント。「1本決めよう!」の声は次第に大きくなった。最後は19―21で競り負けたが、前半の折り返しで8点差とするなど会場を沸かせた。続くシングルス近藤も敗れたが、第2ゲームを奪うなど食い下がった。

 明るい表情を絶やさず、はつらつとしたプレーそのものが3人の見せ場でもあった。久枝監督は「劣勢でも引かず、会場と一体になって声を出せた。良いチームだった」とほほ笑んだ。

 

 

選手名鑑

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。