ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

第9日の成績

ボクシング

2017年10月9日(月)(愛媛新聞)

【少年男子ミドル級準決勝】果敢にパンチを繰り出す大西玲(右)=松前公園体育館

【少年男子ミドル級準決勝】果敢にパンチを繰り出す大西玲(右)=松前公園体育館

【成年男子フライ級準決勝】強敵を倒して決勝進出を決めた愛媛・嶋田亨(左)=松前公園体育館(撮影・樋口和至)

【成年男子フライ級準決勝】強敵を倒して決勝進出を決めた愛媛・嶋田亨(左)=松前公園体育館(撮影・樋口和至)

【少年男子ミドル級準決勝】果敢にパンチを繰り出す大西玲(右)=松前公園体育館

【少年男子ミドル級準決勝】果敢にパンチを繰り出す大西玲(右)=松前公園体育館

【成年男子フライ級準決勝】強敵を倒して決勝進出を決めた愛媛・嶋田亨(左)=松前公園体育館(撮影・樋口和至)

【成年男子フライ級準決勝】強敵を倒して決勝進出を決めた愛媛・嶋田亨(左)=松前公園体育館(撮影・樋口和至)

 ボクシングは8日、松前公園体育館で少年男子、成年男子の各階級と成年女子フライ級の準決勝があった。愛媛勢は3人が出場し、成年男子フライ級の嶋田亨(県競技力向上対策本部)と、同ミドル級の高橋諒(同)が決勝進出を決めた。少年男子ミドル級の大西玲(松山城南高)は3位入賞した。

 9日は少年男子、成年男子の各階級と成年女子フライ級の決勝を行う。

 

  ◇…愛媛勢の成績…◇

 ▽成年男子フライ級準決勝

嶋 田 亨 判 定 林田 翔太

(愛媛・県    (和歌山・和

競技力向上     歌山県庁)

対策本部)

 ▽ミドル級準決勝

高 橋 諒 判 定 鬼倉 龍大

(愛媛・県     (茨城・R

競技力向上     EADRE

対策本部)     AD)

 ▽少年男子ミドル級準決勝

川村 英吉 判 定 大 西 玲

(愛知・享     (愛媛・松

栄高)       山城南高)

 

【大西3位 リベンジ誓う 少年男子ミドル級】

 勝敗が決まった瞬間、天を仰いだ。少年男子ミドル級の大西玲は決勝進出を懸けた一戦に判定で競り負けた。「悔しい。もっと積極的にパンチを打つべきだった」と言葉を絞り出した。

 序盤から攻撃を仕掛け、3回には力強いパンチに相手がぐらつく場面もあった。ただ、決定打とはならず、あと一歩及ばなかった。

 中学3年の時に始めたボクシング。松山市のジムで佐々木利男コーチに出会い、心身共に鍛えられた。松山城南高外部コーチとして現在も指導する佐々木さんは「精神面で強くなった」と教え子の健闘に目を潤ませた。

 今大会は培ってきた技術に確かな手応えを感じたという大西。「力を付けて来年リベンジしたい」と誓った。

 

【嶋田(成年男子フライ級)・高橋(成年男子ミドル級) 決勝へ】

 判定で審判に腕を上げられると、普段はクールな28歳が喜びを爆発させた。成年男子フライ級の嶋田亨はリズムをつかんで果敢に攻め、国体連覇中の王者を下し、昨年の岩手国体準決勝の雪辱を果たした。

 リーチの長い相手に接近戦を仕掛け、強打を左ボディーに打ち込んだ。相手に疲労感が見え始めた終盤はカウンターを確実に当てていった。

 今大会で競技を退く嶋田にとって9日の決勝は最後の試合になる。「自分の距離でショートパンチを積極的に打ちたい」と意気込んだ。

 連覇が懸かる成年男子ミドル級の高橋諒も、効果的なパンチを繰り出す巧みな試合運びで判定をものにした。高橋は「攻撃の強弱をつけられず、納得のいく内容ではなかった」と反省した上で「決勝は持ち味をしっかり出して優勝したい」と力を込めた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。