ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

特別競技

高等学校野球(軟式)新田、強豪撃破 分析冴えた

2017年10月8日(日)(愛媛新聞)

【2回戦 愛媛―茨城】茗渓学園を2安打完封した新田・岡本=宇和島市丸山公園野球場

【2回戦 愛媛―茨城】茗渓学園を2安打完封した新田・岡本=宇和島市丸山公園野球場

相原樹(あいはら・いつき)新田高3年

相原樹(あいはら・いつき)新田高3年

【2回戦 愛媛―茨城】茗渓学園を2安打完封した新田・岡本=宇和島市丸山公園野球場

【2回戦 愛媛―茨城】茗渓学園を2安打完封した新田・岡本=宇和島市丸山公園野球場

相原樹(あいはら・いつき)新田高3年

相原樹(あいはら・いつき)新田高3年

高校野球は7日、坊っちゃんスタジアムなどで硬式・軟式の1回戦などを行い、軟式の新田は準々決勝で茗渓学園(茨城)に1―0で完封勝ちし、9日に宇和島市丸山公園野球場で開かれる準決勝に進出した。

 

 ◇…愛媛勢の成績…◇

123456789
新田(愛媛)0001000001
茗渓学園(茨城)0000000000

(新)岡本―岡山

(茗)森岡―中村

▽三塁打 井伊(新)

▽二塁打 井伊(新)

 

 新田と当たった茗渓学園(茨城)は、8月の全国高校軟式野球選手権大会の準優勝校。新田は強豪との対戦を前に周到な準備を行い、勝利を呼び込んだ。

 組み合わせの発表から試合まで約1カ月。ナインは相手の試合のビデオを見ながらミーティングを重ね、初球を見送る傾向があるなどの特徴をつかんだ。

 全員右打者と知ったエース岡本は「右打ちは得意分野。打ち取るイメージはできた」。1球目でストライクを取ってリズムをつくると、多彩な変化球で打ち取り2安打完封。三塁を踏ませない安定した投球で、四回に井伊の適時三塁打で奪った1点を守り抜いた。

 厚い壁を突破して4強入り。「分析通り」と岡山は胸を張り、ほかのナインも「優勝しかない」と気勢を上げた。

 

【爽やか笑顔、チーム鼓舞】

 新田の主将、相原樹は5月に右腕の古傷が再発し、ボールを投げられなくなった。医師から「夏の県大会に間に合わない」と告げられた。

 2010年の千葉国体で優勝、13年の全国高校軟式野球選手権大会で準優勝などの実績を持つ新田。相原は名門校の門をくぐり、地元国体での活躍を夢を見ていた。

 みんなが試合でプレーする姿を見ると悔しかったが「自分のサポートでチームを勝たせよう」と主将としての役割に徹することを決めた。

 相原はサードランナーコーチとして国体の舞台に立った。仲間が安打を放つと身ぶり手ぶりや声掛けで盛り上げ、相手投手にはプレッシャーをかけた。自打球の苦痛に顔をゆがめる選手がいればすぐに駆け寄った。約1時間50分の試合中、笑みを絶やさずチームを鼓舞し続けた。

 強豪校の茗渓学園を倒し「本当にうれしい」と爽やかな笑顔を見せたのはほんの一瞬。次戦でナインが油断しないよう、すぐさま引き締まった主将の顔に戻った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。