ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1021日()

ログイン
Myページ
MENU

えひめ国体 7日の結果

バドミントン 獅子奮迅、8強進出

2017年10月8日(日)(愛媛新聞)

【少年女子1回戦 大阪―愛媛】シングルスで丁寧に返球する愛媛・横山=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【少年女子1回戦 大阪―愛媛】シングルスで丁寧に返球する愛媛・横山=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年男子1回戦 愛媛―山口】ダブルスでスマッシュを放つ愛媛の新居(右)・西野ペア=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年男子1回戦 愛媛―山口】ダブルスでスマッシュを放つ愛媛の新居(右)・西野ペア=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年女子2回戦 愛媛―大阪】実業団選手を相手にほぼ互角の試合を見せたダブルスの金浦(右)・山中=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【成年女子2回戦 愛媛―大阪】実業団選手を相手にほぼ互角の試合を見せたダブルスの金浦(右)・山中=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

 バドミントンは7日、砥部町陶街道ゆとり公園体育館で少年女子と成年男子の1回戦、成年女子の2回戦などを行った。愛媛勢は少年女子が大阪、成年男子が山口をともに2―0で下しベスト8に進出。成年女子は大阪に0―2で敗れた。

 

◇…愛媛勢の成績…◇

  ▽成年男子1回戦

   愛媛 2(単1―0)0 山口

       (複1―0)

○新居西野 2(13―21)1 米元桐田 

       (21―19)

       (21―18)

  ○藤田 2(21―10)1 松尾 

       (16―21)

       (21―10)

 

  ▽成年女子2回戦

   大阪 2(単1―0)0 愛媛

       (複1―0)

○新藤春木 2(21―17)1 金浦山中 

       (20―22)

       (21―18)

  ○和田 2(22―20)0 森賀 

       (21―14)

 

  ▽少年女子1回戦

   愛媛 2(単1―0)0 大阪

       (複1―0)

○横山原田 2(21―23)1 村上和田 

       (21―18)

       (21―16)

  ○横山 2(21―16)0 徳岡 

       (21―17)

 

【少年女子、エース横山が躍動 成年男子、集中力で接戦制す】

 少年女子と成年男子が初戦を突破し、愛媛勢初の2種別同時ベスト8を成し遂げた。

 少年女子は、エース横山が単複で獅子奮迅の活躍を見せた。ダブルスは1ゲーム目を落としたが「コートが変わって応援席が視線に入り力が湧いた」。得点のたびにパートナーの原田と声を出して2、3ゲームを連取し、続くシングルスも勝ち切った。

 成年男子は、先取を許したダブルスの新居と西野が「どのタイミングで点を取ったのか覚えていない」ほどの集中力で逆転した。シングルス藤田は左腕からの伸びのあるショットで1ゲーム目に8連続得点。タイで迎えた最終ゲームも危なげなくものにした。

 成年男子の高橋監督は「選手は一球一球最高の球を出した」とたたえた。

 

【成年女子、粘りあと一歩 大阪と互角の戦い】

 西原監督が「ベスト8に入る力は十分あった」と評した愛媛の成年女子。試合結果は0―2だったが、ダブルスの金浦と山中は、大阪の実業団ペアを相手にほぼ互角のラリーを展開した。

 見せ場は第1ゲームを落として迎えた第2ゲーム。18―20からネット前に落ちそうなショットなどを拾い続け、粘り勝ちの4連続得点でもぎ取った。

 最終ゲームも落としはしたが一時2点差まで猛追。金浦は「私たちが勝てていたら」と悔やんだが、最後まで諦めないプレーは観客を大いに沸かせた。

 高校進学を機に県外に出た山中は、恩返しの気持ちで出場。「たくさん応援してくれて愛媛で戦えてよかった」とすがすがしい表情で大会を終えた。

選手名鑑

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。