ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

東温高

気迫の突きに驚き

2017年10月7日(土)(その他)

 

 

 

 銃剣道競技初日の7日、東温市のツインドーム重信で、東温高校生記者9人が少年男子の試合を観戦し、取材しました。東温高校単独の愛媛チームは初戦の2回戦を危なげなく突破し、8日の準決勝に駒を進めました。9人は2日の成年男子バスケットボール競技に続いての取材です。要領は心得ていたので、すんなりと取材を開始。試合直後でまだ息づかいも荒い選手にインタビューしたり、会場周辺でおもてなしに余念がない女性や物販業者の話を聞きました。

 銃剣道は木銃を用い相手の胸やのどを突いて勝敗を競うスポーツです。先鋒、中堅、大将の3人で戦います。会場には選手らの気迫がみなぎり、緊張感が張り詰めていました。愛媛選手の鋭い突きが繰り出されるたび、観客席から大きな歓声や拍手がわき起こりました。

 新聞取材班は、愛媛チームの試合を目のあたりにして、その迫力に圧倒されていました。試合後、その興奮が冷めやらないうちに選手に突撃インタビュー。手応えや地元国体にかける熱い思いなどを引き出しました。会場の外では、地元特産もち麦のだんごの入った東温汁を来場者に提供している女性団体役員、遠く大阪市から、一般にはなじみの薄い銃剣道の特殊な武具の販売にかけつけた会社員にえひめ国体への感想などを求めました。

 スマホ担当班は、これらの様子や開会式に花を添えた川内中、重信中のブラスバンドなどを紹介しました。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。