ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめ国体 6日の結果

ゴルフ 少年男子、公受6位入賞

2017年10月7日(土)(愛媛新聞)

【少年男子最終日】10番でティーショットを放つ公受将輝=松山市のサンセットヒルズカントリークラブ

【少年男子最終日】10番でティーショットを放つ公受将輝=松山市のサンセットヒルズカントリークラブ

石川夢香

石川夢香

小川貴大

小川貴大

 ゴルフは6日、内子町の愛媛ゴルフ俱楽部など(いずれもパー72)で全種別の最終ラウンドを行い、愛媛勢は少年男子の公受将輝(帝京第五高)が通算147をマークし個人6位タイで入賞。成年男子団体は北海道、女子団体は大阪、少年男子団体は京都が頂点に立った。

 愛媛勢は成年男子の二宮慎堂(乃万ゴルフ)が通算141で11位タイ、小川貴大(有貴工業)は41位タイ、森内信隆(東洋道路)は63位タイと続き、団体は434の9位タイと入賞に一歩届かなかった。

 女子はマニックスジョイ明美(松山聖陵高)が通算148で61位タイ、石川夢香(今治明徳高)が71位タイ、鴻上みらい(高松中央高)が106位タイで、団体は454の32位だった。

 少年男子は河本力(松山聖陵高)が42位タイ、竹内瑛信(内宮中)が72位タイで、団体は466の15位で終えた。

 

【優勝逃し悔しい 少年男子 公受将輝=帝京第五高】

  (6位入賞して)「地元の高校進学を決めた理由が愛媛国体だった。団体、個人優勝を目指していたので本当に悔しい。スタートからボギー、次の11番ではティーショットがOBとミスが続いて気持ちの切り替えができなかった」

 

【来年また頑張る 女子 石川夢香=今治明徳高】

 (最終日、県勢トップの73で回り、意地を見せる)「雨風に負けず正確なショットを打てたが、パターの距離感をつかみきれなかった。地元国体で上位になりたかったが、来年また頑張りたい」

 

【力足りなかった 成年男子 小川貴大=有貴工業】

 (団体9位タイで入賞を逃す)「地元国体のプレッシャーを力に変えたかったが力が足りなかった。何度も会場で練習したパターはよかったが、ショットが悪く生かし切れなかった。試合を終えた安心感とともに(5位に入れず)悔しさもある」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。