ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
1023日()

ログイン
Myページ
MENU

愛媛国体第7日

ソフトテニス 成年男子愛媛2回戦敗退 成年女子愛媛、初戦で涙

2017年10月7日(土)(愛媛新聞)

【成年男子2回戦 岩手―愛媛】フルセットの熱戦を演じた村上(左)、津村ペア=八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート

【成年男子2回戦 岩手―愛媛】フルセットの熱戦を演じた村上(左)、津村ペア=八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート

【成年女子1回戦 愛媛―広島】ボールに食らいつく森田(奥)、渡辺ペア=八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート

【成年女子1回戦 愛媛―広島】ボールに食らいつく森田(奥)、渡辺ペア=八幡浜・大洲地区運動公園テニスコート

【成年女子1回戦 愛媛―広島】最後の国体を「思い切り楽しんだ」という曽我部(左)と赤瀬=八幡浜・大洲運動公園テニスコート

【成年女子1回戦 愛媛―広島】最後の国体を「思い切り楽しんだ」という曽我部(左)と赤瀬=八幡浜・大洲運動公園テニスコート

 ソフトテニスは6日、大洲市の八幡浜・大洲地区運動公園テニスコートで成年男女の準々決勝までを行い、愛媛勢は男子が2回戦で岩手に1―2、女子は1回戦で広島に1―2で敗れた。

 

愛媛   2(単0―1)1 新潟

      (複2―0)

○青木雅   4―2    国松貴  

 奥嶋           新倉

 正岡    2―4     因 ○

○村上    4―1    国松健  

 津村           星野

 ▽2回戦

岩手   2(単1―0)1 愛媛

      (複1―1)

 吉田     2―4   青木雅○

 泉山           奥嶋

○伊藤     4―2   正岡  

○山田     4―3   村上 

 南郷           津村

 ▽成年女子1回戦

広島   2(単1―0)1 愛媛

      (複1―1)

○岡部     4―2   森田  

 矢多部          渡辺

○尾上     4―3   奥嶋  

 梶原     0―4   赤瀬 ○

 福田           曽我部

 

【成年男子愛媛 あと一歩、2回戦敗退】

 成年男子は粘り及ばず2回戦で力尽きた。津村は「勝ち切ってみんなを笑顔にしたかった」と唇をかんだ。

 岩手との2回戦。1―1で勝負は第2ダブルスの村上、津村ペアに託された。しかし「完全に後手に回ってしまい」(村上)3ゲームを連取され、後がなくなった。

 「わっしょい」―。劣勢の場面で2人の背中を押したのは、コートを取り囲んだ愛媛の応援団だった。「うつむいていられない」。背水の陣で攻めに転じるとクロスへの返球に狙いを定め、次々に強打を決めていった。

 3―3に巻き返したが、最後は「少し力んでしまった」。あと一歩及ばず、地元国体優勝の夢は途絶えた。

 健闘をたたえる拍手の中、選手たちは「体験したことのない応援の中でプレーできたことに感謝したい」とコートを後にした。

 

【成年女子愛媛 接戦及ばず初戦で涙】

 試合前、手をつないで円陣を組み、観客の手拍子で士気を高めた成年女子愛媛勢は初戦で広島に1―2で敗れ、涙をのんだ。

 第1試合の森田、渡辺ペアは雨の中、後衛・森田のストロークや前衛・渡辺のスマッシュで果敢に攻めたが、2―4で敗北。森田は「ボールの入り方が悪かった。納得いく試合ではなかった」と無念さを吐露した。

 第2試合のシングルスで、奥嶋は追いつ追われつの展開。クロスで引っ張りラリーを繰り広げるも、3―4で競り負けた。第3試合の赤瀬、曽我部ペアはベテランの貫禄を見せ4―0で勝利した。

 小倉監督は「選手のコンディションは良かった。僕のオーダーミス」と悔やみ「応援もいただいて選手もよくやった。残念」と目を赤くした。

 

【曽我部里穂(そがべ・りほ 太平洋工業)赤瀬早紀(あかせ・さき 太平洋工業) 最後の国体、亡き恩師へ】

 「もともと愛媛国体を区切りにするつもりだった」。松山商業高在学中からペアを組んで約10年。曽我部里穂と赤瀬早紀は2017年度で引退するため、最後の国体になった。亡き恩師への思いを胸に、最後の試合に全力をぶつけた。

 高校時代の恩師、尾後秀樹さんは2人の指導に熱心に取り組んだ。地元国体出場をにらみ岐阜へ「修行」にも出した。しかし、尾後さんは愛媛国体を見ることなく12年6月、病気のため49歳で亡くなった。

 試合前、2人は尾後さんの墓前に行き「2人で頑張るので見守ってください」と伝えた。「最後だから思い切り楽しもう」と試合に臨み、自分たちらしい息の合ったプレーで4―0で完勝した。

 「地元国体はなかなか経験できないし、出場は名誉なこと」と話した曽我部と赤瀬。チームは負けたが悔いはなく、応援してもらえて幸せだと感じたという。「先生やスタッフの人たちなど、皆さんのサポートのおかげです」と口をそろえ感謝した。

選手名鑑

おすすめ記事

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。