ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

弓削高

雨の中、応援白熱

2017年10月6日(金)(その他)

 

 

 

 

 雨が降り続いた6日、弓削高の高校生記者の2年生3人は上島町いきなスポレク公園蛙石野球場で「えひめ国体」の軟式野球競技会を取材しました。

 愛媛県の試合はありませんでしたが、第1試合の「東京都対北海道」の取材です。会場には町のシャトルバスを利用する多くの町民や地元の小中学校の子どもたちが応援にかけつけました。

 記者の登録を済ませた生徒たちは、取材用のベストをつけてレインコートをはおり取材スタート。まずは始球式をした同高の生徒にインタビュー。「してほしいとオファーを受けた時、どう思った?」「難しくなかった?」などと次々質問を繰り広げます。続いて、魚島のALTをしているアメリカ人を見つけて話を聞きました。

 応援にかけつけた小学1年、3年、5年生の子どもたち。全員で元気に声を張り上げて歌を歌い、手にしたスティックバルーンを打ち鳴らします。生徒らは「可愛い」と近寄り早速スマホを構えて撮影し、ライブリポートで情報発信しました。

 試合にコールドで勝った北海道の選手にも質問をぶつけました。北海道を選んだのは、選手は海とは縁が少ないと思ったからだそうで、「海に囲まれた島の野球場をどう思いますか?」とインタビュー。選手から「こんな素晴らし場所があるなんて幸せですよ」と言われると、うなずきながら選手の言葉を受け止めていました。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。