ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
918日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

過去最高3位

卓球 成年女子、歴史刻む 4日の結果

2017年10月5日(木)(愛媛新聞)

【成年女子準決勝 愛媛―茨城】鋭いスマッシュを打つ愛媛・藤井=宇和島市総合体育館

【成年女子準決勝 愛媛―茨城】鋭いスマッシュを打つ愛媛・藤井=宇和島市総合体育館

成年女子準決勝の茨城戦で強烈なバックハンドを打つ愛媛・森薗=宇和島市総合体育館

成年女子準決勝の茨城戦で強烈なバックハンドを打つ愛媛・森薗=宇和島市総合体育館

卓球成年女子で県勢初の3位入賞を果たした(左から)藤井、池上、森薗=宇和島市総合体育館

卓球成年女子で県勢初の3位入賞を果たした(左から)藤井、池上、森薗=宇和島市総合体育館

 卓球は4日、宇和島市総合体育館で全種別の準決勝と決勝があり、成年女子で初めて準決勝に進んだ愛媛勢は茨城に敗れ、東京とともに3位。茨城戦は1試合目を取った後3連敗した。女子総合では5位入賞した。

 

 ◇…愛媛勢の成績…◇

  ▽成年女子準決勝

    茨城3―1愛媛

 鈴木0(5―11)3森薗○

    (3―11)

    (9―11)

 ○平3(11―9)1藤井

    (18―16)

    (5―11)

    (11―9)

○市川3(7―11)1池上

    (11―8)

    (11―7)

    (11―5)

○鈴木3(8―11)1藤井

    (11―9)

    (11―8)

    (11―7)

 

【大健闘の過去最高3位】

 「3年間やってきて、人生で最も優勝への強い思いがあった」。準決勝で1―3で茨城に敗れた成年女子。第4試合の藤井は応援席を見上げた瞬間、大粒の涙をこぼした。

 1―2で迎えた最終セット。逆転しようとサイドラインぎりぎりを狙った強打はアウトに。試合後、健闘をたたえる拍手を受け、目頭を押さえたまま動けなかった。

 7歳で卓球を始め、実業団の強豪日本生命で世界を舞台に戦うが、壁は厚く「卓球をやめようとした」という藤井。2014年に愛媛県卓球協会から出場を依頼され、再びラケットを握った。競技人生20年の集大成として、優勝を心に誓って愛媛国体に臨んでいた。

 うつむいて会場を去る選手を、協会関係者や選手団が出迎えた。卓球成年女子の3位は愛媛の最高成績。松村干城・協会理事長が「相当なプレッシャーを抱えていただろう。歴史をつくってくれてありがとう」と涙ながらにねぎらうと、選手はむせび泣いた。

 一人一人と握手した藤井は、これまで盛んに声援を送ってくれた大応援団に「一人で戦っているんじゃないと心強かった」と感謝した。今季での引退を決めているが、11月には後期日本リーグを控える。「頂点を目指したい」と前を向いた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。