ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめ国体

なぎなた・成年女子試合 流れつかみ奮闘準V

2017年10月4日(水)(愛媛新聞)

【成年女子試合決勝 和歌山―愛媛】果敢に攻める八木=松山市総合コミュニティセンター体育館

【成年女子試合決勝 和歌山―愛媛】果敢に攻める八木=松山市総合コミュニティセンター体育館

総合優勝を果たした愛媛のメンバーと大会運営を支えた競技関係者ら=松山市総合コミュニティセンター体育館

総合優勝を果たした愛媛のメンバーと大会運営を支えた競技関係者ら=松山市総合コミュニティセンター体育館

【成年女子試合決勝 和歌山―愛媛】果敢に攻める八木=松山市総合コミュニティセンター体育館

【成年女子試合決勝 和歌山―愛媛】果敢に攻める八木=松山市総合コミュニティセンター体育館

総合優勝を果たした愛媛のメンバーと大会運営を支えた競技関係者ら=松山市総合コミュニティセンター体育館

総合優勝を果たした愛媛のメンバーと大会運営を支えた競技関係者ら=松山市総合コミュニティセンター体育館

 なぎなたは3日、松山市総合コミュニティセンター体育館で行われ、愛媛勢は成年女子試合で準優勝を果たし、競技別で初の総合優勝に輝いた。

 成年女子試合には、村上優(今治特別支援学校教)、八木夢依(聖カタリナ大短大部)、長沢美咲(県競技力向上対策本部)が出場。3回戦から準決勝までの3試合を3―0で勝ち上がったが、決勝は2連覇中の和歌山に1―2で敗れた。

 

【先輩がいるから大丈夫】

 演技の初優勝に続き試合の優勝で少年女子の2冠達成に続きたかった成年女子。前日の試合で実力を出し切れずに悔し涙を流した八木が3日、周囲の叱咤(しった)激励で気持ちを切り替え、チームの躍進に貢献した。

 自信を持っていけ―。2日の試合後、多くの人に声を掛けられた中堅の八木。大将の長沢からは「負けるなら思い切った負け方をして」と指摘を受け、3日は「先輩2人がいるから大丈夫」と奮起し、試合に臨んだ。

 3回戦の相手は愛知。先鋒(せんぽう)村上の判定勝ち後、八木が延長戦で1本を取ってベスト8入りを決め、チームに勢いを与えた。準々決勝と準決勝はストレート勝ちしたが、決勝で和歌山に優勝を阻まれた。

 延長の末に判定で敗れた八木は「すごく悔しい」と言葉を詰まらせ「もっと精神面を強くしたい。就職で練習時間は少なくなるが、技を磨いて後輩にアドバイスもできれば」と語った。

 

【一丸 初の総合V 「応援が力に」 関係者ら感謝】

 総合優勝を果たした愛媛の6人。大会終了後は大会運営に関わった人ら約200人と喜びを分かち合った。

 北条高なぎなた部OGの徳永あゆみさん(31)=京都府綾部市=は「練習はきついのでくじけることも多かったと思う。本当によく頑張りましたの一言」と相好を崩した。

 運営を手伝った今治東中教校4年菊池葉月さん(16)は「ずっと一緒に練習してきた先輩たち。自分たちも選手と同じくらい一生懸命やろうと頑張った」とにっこり。同校2年前田理愛さん(14)は「先輩たちが輝いている姿はとてもかっこよくて、先輩たちのようになりたいと思った」と力を込めた。

 県なぎなた連盟の久保素子会長(70)は「観客が少なかったらどうしようと思っていたが、これだけ多くの人が応援してくれるんだと感動した」と話し、連盟の副理事長で北条高の顧問を務める鈴木理香教諭(50)は「応援の力で、選手たちは実力以上の力を発揮できたと思う」と県民に感謝した。

 

◇…愛媛勢の成績…◇

▽成年試合3回戦

愛媛 3―0 愛知

○村上④ 判定 三浦③ 

○八木② メ― 野村④ 

○長沢④ メ―  林⑤ 

 

▽準々決勝

愛媛 3―0 東京

○村上④ ス― 北③ 

○八木② コ― 中島④ 

○長沢④スス― 和田④ 

 

▽準決勝

愛媛 3―0 高知

○村上④ 判定 大仲② 

○八木② 判定 池田由④ 

○長沢④ツス― 池田波④ 

 

▽決勝

和歌山 2―1 愛媛

○塚本④ ス― 村上④ 

○角谷④ 判定 八木② 

 山本錬 判定 長沢④○

(和歌山は3年連続4度目の優勝)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。