ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめ国体

自転車 日野・野本ら決勝

2017年10月3日(火)(愛媛新聞)

【成年男子ポイントレース予選】決勝進出を決めた野本空(中央)=松山中央公園多目的競技場

【成年男子ポイントレース予選】決勝進出を決めた野本空(中央)=松山中央公園多目的競技場

 自転車は2日、松山中央公園多目的競技場で、団体種目決勝や個人種目予選などがあり、愛媛勢は少年男子ポイントレースで日野泰静(松山城南高)、同成年の野本空(明大)が決勝に進んだ。少年男子スクラッチでは塩崎隼秀(松山城南高)が決勝進出。成年男子スプリントの柴崎俊祐(松山工高教)はベスト8入りを逃した。

 3日は、個人種目の決勝や順位決定戦などがある。

 

【勝負機 実感】

 5周ごとの着順で得る得点の合計で競う男子ポイントレースは、成年の野本空と少年の日野泰静が予選通過。仕掛けるタイミングの重要性を再認識するレースとなった。

 序盤に抜け出した先頭4人が、周回遅れによる20点を獲得する展開になった成年。飛び出す直前まで後ろにつけた野本だが「仕掛けるのが1テンポ遅れた」。ルール上、周回遅れにした選手が最後尾となるため、5番手だった野本が先頭に変わり、2位を2回獲得。「気持ちで負けないレースをしたい」と決勝を見据えた。

 「仕掛けるのが早すぎた」と反省した日野。最初の5周を1位で通過し、幸先良くスタートしたが、第4コーナーを抜けた辺りで後続を振り切れない展開が続いた。「決勝はタイミングを修正し、全力で戦う」と気を引き締めた。 

 

◇…愛媛勢の成績…◇

▽成年男子スプリント1回戦 

 「3組」②柴崎俊祐(松山工高教)=落選

▽ポイントレース予選(1万6000メートル) 

 「2組」⑨野本空(明大)6点=決勝進出

▽ケイリン敗者復活戦

 「3組」①近藤翔馬(法大)11秒581=2回戦進出

▽2回戦

 「1組」⑥ 近藤翔馬(法大)=落選

▽スクラッチ予選 

 「1組」⑫ 山下祥平(日体大)=落選

▽女子ケイリン敗者復活戦 

 「4組」① 日野友葵(日本競輪選手会愛媛支部)13秒791=2回戦進出

▽2回戦

 「2組」⑥日野友葵(日本競輪選手会愛媛支部)=落選

▽スクラッチ予選 

 「3組」⑦ 八木梓(愛媛大)=落選

▽少年男子ポイントレース予選(1万6000メートル)

 「2組」⑦ 日野泰静(松山城南高)6点=決勝進出

▽ケイリン2回戦

 「2組」⑥ 犬塚貴之(松山城南高)=落選

▽スクラッチ予選

 「2組」⑦ 塩崎隼秀(松山城南高)=決勝進出

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。